panda life

白も黒もどちらも私。20代専業主婦の育児、生活、漫画と本の話。

あり得ない世界にどっぷり浸かる秋の夜長

漫画の感想を真面目に書くというのは変かもしれないけれど、

あり得ない世界を想像して、表現してしまうってすごいことだと思う。

 

ちびまる子ちゃん』のように、庶民の日常生活を描いている作品にも、究極の個性を持つクラスメイトがたくさんいて、例えば、異常なくらいお金持ちだったり、玉ねぎ頭だったり、想像して楽しい世界を実際に描いて、キャラクター達がその庭で遊んでいるのを、視聴者である私たちはただ楽しませてもらっているだけなのだけれど、楽しませてくれているさくらももこさんは本当にすごい。

あの素朴でかわいらしい絵の中に、あり得ない設定をほんの少し含んで、日常に笑いをもたらしてくれているのだから。

 

 

 

 

今、再び夢中になっている『ネギま!』は、壮大な物語だ。魔法と科学、魔法と言っても、東洋魔術に西洋魔術、魔法使いから魔法剣士までいるし、生徒はロボットに吸血鬼、幽霊、留学生、天才、バカ、ネットアイドル、扱っているものが幅広いのに脱線しない。

 

私は5年ほど前に初めて読んだのだけれど、当時も、漫画家ってこんなに勉強してひとつの作品を描くのか…と気づかされ、感心しながら読んだ。

 

あり得ない世界なのに、まとまっている。登場人物のことばで、すんなりその世界を受け止め、そのあり得ない世界をどっぷり楽しめる。

 

 

私はただいま、10巻、文化祭のところを読んでいるのだけれど、タイムマシンは出てくるし、格闘シーンもあり、デートもあり、コスプレ、お化け屋敷もあり、読み応え抜群。

 

一気に最後まで読みたいのだけれど、仕事もこなさなければならないので、我慢もしつつ、毎日の楽しみにしています。

 

 

 

子どもの許せない行動

今日は散々な1日だった。

 

まず、最近の娘の癖で、やめてと言っても直らないことが2つある。

 

ひとつは、鼻をほじって、鼻くそを提供してくること。

 

もうひとつは、私の昼寝を妨害すること。

鼻くそ攻撃で起こすこともある。

 

 

その2つに、今日私はキレた。

 

教会からの帰り、抱っこしていたら寝た。

重かった娘をやっと布団に下ろし、自分も寝ようと思ったら起きた。

まあよくある話だけれど、当然、私はがっかり、イラっとするわけだ。

 

わが家では、夕寝を固く禁止しているので、寝るなら今でしょ?と昼寝は半強制。

 

私は生理中で血が足りないこともあって、できるだけ横になりたい気持ち。

横になって寝ている傍で、喋るし走り回るし、「うるさい!」

ショボーンとして少し静かになるも、同じことを2度3度繰り返す。

 

いつも私は3度目でキレる。

「もう知らない!あんたなんか大嫌い!」

 

自分の子どもに大嫌いなんて言う親がどこにいる?絶対に言ってはいけないことばの一つだけれど、私にとっては口癖だ。

 

どんな理由があっても、他人の嫌がることをする人間は本当に嫌いだし許せない。

子どもであっても同じ。ここまで言わないとわからないのだから仕方がない。

 

ここまで親に言わせても、あまり響かない非情な娘である。

私がいなくなった部屋で、ひとりごとを言いながら遊んでいる。

 

しばらくすると、

「たすけてー」と悲鳴が聞こえた。

さすがに何事かと思って駆けつけると、失禁していた。

 

これが大惨事。

おねしょシーツも、買ったばかりのマットレスも、抱き枕も毛布も全部びしょびしょ。

 

ただでさえ天気が悪くて、洗濯物の乾きが悪く、サンルームは生乾きの洗濯物でいっぱいなのに、どこに干せと?

 

極めつけは、仕上げ歯みがき中の鼻ほじり。歯みがきしてやっている最中に、

「鼻くそ取れたよ!」と手渡ししようとする。満面の笑みで。

 

その笑みを涙に変えてやった。

 

今日は一緒に寝ない。

 

ライオン こどもハブラシ 1才半-5才用 アンパンマン ブルー 4本パック

ライオン こどもハブラシ 1才半-5才用 アンパンマン ブルー 4本パック

 

 

オムツが外れて、子育ての最難関の一つはクリアしたと思っていたけれど、

 

「他人の嫌がることをしない」はまだまだ。

 

 

子どもはみんな問題児。

子どもはみんな問題児。

 

 この本はとても素敵だけれど、私は問題児が嫌いだ。

自分の子どもも厄介だけれど、他の家の問題児はもっと嫌い。

 

保育士や幼稚園の先生、最近は見た目がヤンキーっぽい人も増えて、正直なんだか自分で育てるのとあんまり変わんないんじゃないかな?と思う場面も公園でよく見かけるけれど、やっぱりすごいよ。

 

かわいくないって思っても、コノヤローと思っても、仕事だと割り切って育ててくれるんだから。

 

外面だけが良い子どももなかなか問題児。親だけが辛い思いをしている。

 

友達ができない件について、本気で悩んでいる話

最近の1番の悩みは「出会えない」こと。

 

約30年生きてきて、こんなに出会いの少ない時期は初めてだと思う。

 

全く人に会わないという意味ではなく、なんかこう…しっくりくる出会いが全くないのだ。

 

別に親友が欲しいとか、特別な関係を築きたいとか、そういうことではないはずで、

時々会って話せたら楽しいなぁくらいの軽い付き合いのできる人で良いのだけれど、

そういう人に巡り会えない。

 

また会いたいなぁとか、もっと話したいなぁとか、そういう感情がなぜ湧かないのだろうと、自分自身の心が全く動かないことに、かなり焦っている。

 

今までこんなことは一度もなかった。別に友達なんて要らないと思っていた高校時代でさえ、話していて楽しい人はいたし、全く誰にも相手にされないわけでもなかった。

 

そう、私が誰にも惹かれないのと同様、私自身が誰にも興味を持ってもらえないのだ。

 

彼氏ができなくても、友達がいなくても悩んだことがなかったし、ちやほやされるのはどちらかというと嫌いなはずの私が、なぜこんなことで悩んでいるのだろう?

 

TVアニメ「僕は友達が少ない」オープニングテーマ「残念系隣人部★★☆(星ふたつ半)」

TVアニメ「僕は友達が少ない」オープニングテーマ「残念系隣人部★★☆(星ふたつ半)」

 

 

ひきこもっているわけではなく、色々な場所に行って、それなりの人数に出会っているはずなのだけれど、どこも居心地が良くない。

 

前住んでいたところではそういう居心地の悪さを感じる場所や時間帯は限られていて、誰とも話せない日があっても気にならなかったのに、ここではいつでも違和感しかない。

 

閉鎖的なのかなぁ?

 

今、楽しく通えているのは教会くらいだ。その教会のような場所が、前の場所のスタンダードだったのになぁ。とても残念だ。

 

出会えないってこんなに不安と焦りを募らせるものなんだ。

 

 

新米のお供は?

新米の季節。

自分で買わなくても新米が届くシステムって素晴らしい。昔から当たり前のようにおいしい米を食べていたけれど、新米は格別。

なんでこんなにキラキラしていて白いんでしょう?


新米のお供特集をあちらこちらで見かけますし、我が家も干物とかカレーとかごはんが進むおかずと一緒に食べてますけど、

1番おいしい食べ方って、これじゃないですか?


おにぎり (幼児絵本シリーズ)

おにぎり (幼児絵本シリーズ)

ちょっとの塩と海苔。

個人的にはごま油を海苔に塗ってごま塩が良いですが。

梅干しもそそられるし、たらこも好き。


おにぎりとかサンドイッチとか、想像が無限に広がる食べ物が1番好き。

片づけたら偶然出てきた『魔法先生ネギま!』を読み返したら再度ハマってしまった話

私の旦那としおは、しばしば同一の単行本を買ってきては私を怒らせる。

なぜ買う前に確認しない?そもそも、買ったかどうか忘れるところが理解できないのだけれど、『魔法先生ネギま!』は、12巻が2冊あった。

 

その1冊を、売るつもりなのか捨てるつもりなのか知らないが、残りの巻とは別にして、ポンと置いていたので、暇つぶしにそれを読んだら、途中なのに面白い。

 

最初から読みたくて仕方がなくなり、読み返すことに。

 

私は最初から最後まで長谷川千雨推しだったので、後半からのストーリーが特に好き。

 

12巻だと、確かひとつ前の巻でちうっちコスプレの回があるはず。

2巻の初ちうっち回も結構好き。

 

テレビを見ない生活を始めて、というか、見たいのにMXが映らないという悲劇的な状況なので、神アニメが多そうな今季も全然視聴できていないのだけれど、

 

ネギま!の続編、UQ HOLDER!もアニメ化しているのだそうですね。

 

 

そしてこちらで、ネギの本命が明かされるというまさかの出来事が!

 

ストーリーの流れ的には、予想通りで、すんなり納得。

 

でも、どうして作者はこの子を選んだんだろう?

 

明日菜をヒロインの座からあっさり落として、後半は完全にヒロイン交代した感じになって、でも、どうしてこの子なの?とずーっと思っていて、今でも謎。

 

そっちの方が私的には面白いから良いのだけれど、

 

これからその謎を考察すべく、2度目の読破に挑戦します。

 

架空の場所に行く想像をしてみる

今週のお題「行ってみたい場所」

 

死ぬまでに行きたい場所と言えば、北海道の地球岬だけれど、せっかくだから、絶対に行けない場所に行けることを想像して書いてみようと思う。

 

 

1.ウィリーウォンカのチョコレート工場

 

チャーリーとチョコレート工場 [DVD]

チャーリーとチョコレート工場 [DVD]

 

 

 もし、こんな工程でチョコレートをつくったらどんな味になるんだろう?

 

最初から最後まで欲張らずに良い子で見学するので、途中でチョコレートをペロっとしたい!

 

テーマパークにならないかなぁと思う映画の世界ナンバー1。

小人たちの踊りも見てみたい。

 

 

2.ドラえもん 雲の王国

 

映画ドラえもん のび太と雲の王国 [DVD]

映画ドラえもん のび太と雲の王国 [DVD]

 

 

 雲をドラえもんの道具のスプレーで固めるところからもう楽しそうだなぁって小さいころから思っていた。

 

好きな雲を選んで固めて、もくもく雲を集めて街にして、ワンルームでいいから自分の家をひとつ作り、ふかふかの雲のベッドで満足するまで昼寝したい!

 

 

想像するってなかなか楽しい。

 

行けないとわかっているけれど、行った気分になれるのは幸せなこと。

 

実際に行けないからといって、惨めな気持ちにはならない。

 

行きたい場所を想像できて、その想像を楽しめればそれで十分。

 

いつか娘とシェアしたい「もしもネタ」の一つ。

 

 遠足が雨で中止になって、がっかりした子どもたちが、おいもの絵を描いて、本物の遠足よりずっと素敵な体験をする。

おおきなおおきな おいも (福音館創作童話シリーズ)

おおきなおおきな おいも (福音館創作童話シリーズ)

 

幼稚園読み聞かせの定番の1冊。子どもの頃より今の方が、ストンと心に落ちて面白い。

 

こういう遊びができる親子でありたい。 

ちょっとヒドイ親子の会話と再会の話

唐突ですが、子どものおしりって触ると気持ちいいですよね。

ついついぷにぷに触ってしまいます。

そのときの一言。


娘「マミーはかわいいから触ってもいいよ♪」

母「じゃあダディは?」

娘「ダディはだめ。ダディ嫌い!」

ダディ「!」


娘「ダディ屋さんごっこしよう!」

ダディ屋ってなんだ?と思いながら話に乗る私。

母「いらっしゃいいらっしゃい!イケメンのダディとお金持ちのダディ、それからダディなダディ(としおみたいな人という意味)がありますよ。どちらになさいますか~?」

娘「ダディなダディくださーい!」

ダディ「ありがとー(喜)!!」

娘「お金持ちのダディもくださーい。」

「みーちゃんは、お金持ちのアンパンマンと、お金持ちのばいきんまんと、お金持ちのドキンちゃんがいい!」

wwwwwwwwww

イケメンには興味がないようだ。

私は一緒にごはんを食べるなら、偏食のないイケメンがいいけど。


昨日は3ヶ月ぶりに、以前住んでいた街に遊びに行った。近くで用事を済ませたついでに途中下車。

会いたい人はたくさんいて、誰に連絡しようかなぁとギリギリまで悩み、雨だから1番近い人!と思って連絡させてもらうと、ありがたいことに、30分もしないうちに来てくれて、一緒にごはんを食べた。

再会って嬉しい。失ったと思っていたものがきちんと傍にあることを実感すると心が温かくなる。

3ヶ月で3年分くらいHPを消費していた私は、本当に久しぶりだなぁと感じる。

母同士も、会っていない3ヶ月の出来事や、幼稚園のことを話したけれど、娘同士も会話をしていたのが面白かった!


「なに食べてるの?」

「パン!」

「なに食べてるの?」

「パン!」

このやりとりをずっと繰り返す。


3ヶ月前までは、会話なんてしなかったのに、子どもの成長は早い。

同じ学年の子ども同士は、親同士も親近感がわくけれど、子どもにとっても遊びやすいのかもしれない。


自分より大きい子や小さい子にはなかなか相手にされないけれど、同じくらいの子は反応がいい。

喧嘩っぽいこともしていたけれど、いつもより不満は少なかったようだ。


また会おうね、と約束して別れた後は、やっぱり少し寂しいけれど、過去も今もこれからも、きちんとつながっていて、戻ろうと思えば戻れるし、進もうと思えば遠くにも行ける。

それを実感できたことが1番の収穫だ。