読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆー and みー with104

20代専業主婦の育児、生活、漫画と本の話。嬉しいことも苦しいことも笑いに変えて前向きに生きたい人へ。

「自分でやりたい」を引き出す育児

「やってみたい」「やりたい」よりも、「やって!」が多いみーみー。できなくても怒らないのに、「やってみない?」と言うと「やらない、やって!」が返ってくる。特にお絵描き。見るのは好きだけれど、自分で描く楽しさはまだ知らない。 「やりたい」を聞き…

今でも心に残っている好きな絵本5選

好きな絵本は?と問われたとき、 パッと思い浮かぶものが少ないことに自分でも驚いた。好きな小説、好きな詩集であれば次々と浮かぶのに、好きな絵本となると、とたんに詰まってしまう。子どもの頃に読んだ本がつまらなかったわけではない。覚えていないわけ…

ひとりでは生きていけないということを知った週末/離婚したいって思っちゃったときはダンナの両親に会いに行けばいい!

土曜日自宅英語教室開設に向けての研修が始まりました。思っていた通り、受講者のなかで最年少の私。 海外経験も子育て経験も1番短かったので、 同じスタートラインに立ちつつ、少し背伸びをする気持ちで頑張らないといけないかなと感じてしまいました。経歴…

元気になりたい人に勧めるアニソン3選

今日の朝、みーみーが2回も血便を出した。血なのか食べ物なのか、実際には区別はつかなかったけれど、 いちごとか、トマトとか、ジャム状の赤色として出てくるようなものは食べていなかったから、食べ物ではないなぁと確信。血であることは間違いないとして…

部活動で得た教訓。部活はひとつのことに必死になるための時間であるべき。

今週のお題「部活動」 部活漫画の王道と言ったら、ハイキュー!!やSLAM DUNKだろう。ハイキュー!! 1 (ジャンプコミックス)作者: 古舘春一出版社/メーカー: 集英社発売日: 2012/06/04メディア: コミック クリック: 50回この商品を含むブログ (55件) を見るSLAM…

みーみー子育て小ネタ集5選

その1 朝起きて最初に発する単語が「あご」 その2 テレビをつけると必ず「つかさくん」と言う。つかさくんとは、気象予報士の依田司さんのことである。私が依田さんの大ファンで、みーみーはその影響を受けてしまった。 夕方、木原さんとそらジローの天気予…

子どもに付き合い尽くす難しさ

今日は昨日怒りすぎた反省も踏まえて、 午前中は娘の好きなようにさせようと決心。風が騒がしいなか、1時間ほど外で砂遊びと水遊び。 初めてこれを使いました。アンパンマン カラフルおでかけ砂場セット出版社/メーカー: アガツマメディア: おもちゃ&ホビー…

大人も楽しめる!1歳からのおすすめ仕掛け絵本

子どもと一緒に、絵本を楽しめていますか?どうせだったら、親である自分自身も楽しい絵本を選びたいですよね。1歳から、と書きましたが、 まだ何でも口に入れる時期だとちょっと厳しいかな?ものを大切にするという感覚が少しでも備わってきたかなぁ…という…

1歳から2歳まで飽きずに長く遊べるおもちゃ2選

車のないわが家は、実家への帰省など、 外泊するときは電車移動。長期の外泊であれば事前郵送も考えますが、荷物はすべて手持ちです。それに娘の体重が加わります。基本歩かせますが、抱っこ~と言われたとき、混雑していてちびっこが歩いていると他の人の邪…

アニメ『クズの本懐』感想

『私達はお互いに、かけがえのある恋人』 クズの本懐 コミック 1-6巻セット (ビッグガンガンコミックス)作者: 横槍メンゴ出版社/メーカー: スクウェア・エニックス発売日: 2016/03/25メディア: コミックこの商品を含むブログを見る 第1話序盤のこの一言に私…

通るべき道、たどり着きたい場所

本物に出会いたい、出会わせたいというのは、親の愛か、エゴか。エゴだと言うのは酷だと思う。 だって、きっと真面目な親ほど、エゴと言われたら悩んでしまうし、「本物を見たい」という自身の欲求を抑え込んで我慢することになってしまうから。 動物園に行…

懐かしさの先にあるものは?

懐かしい風景が見たくて、気まぐれで母校へやって来た。土曜日だから?にしてもあまりに閑散としているということは、もしかして、授業がないのか?電車に乗りたいというみーみーを抱いてやってきたけれど、寝てしまった。騒がしい風を避けるべく、屋内のベ…

レゴランドに行ってきた☆

最近別居が板についてきてしまった。場所見知りがひどくて、夜泣きをやめない子だったみーみーも、わが家以上にすんなり眠るようになってきた。 今日はお台場のレゴランドに行って来ました。私と妹とみーみーの3人で。まずは、贅沢なビュッフェで、調子に乗…

娘につけたかったけれどダンナに却下された名前を紹介します。

子どもに名前をつけるとき、皆さんはどんなことを考えますか?私は、男の子だったら、『豊』か『聡』にしようって、中学生の頃から決めていました。尾崎豊と妻夫木聡が好きだから、それだけです。誰でも読める、 誰が見ても変だと言わない思わない、 そんな…

久々に『凪のあすから』を見直す私の心境

『凪のあすから』の木原紡くんは、私のなかで2番目に好きな男の子です。(1番は桐生くん)物語のなかで1番女子にモテているのは主人公の光ですが、私は要と紡くんで揺れて、最終的には紡くんで落ち着きます。 要はなぜ紡に勝てないのか?運が悪かったから?運…

Mommyからお母さんになれた日 1歳11か月のみーみー語録

一昨日から、みーみーは私のことを時折「お母さん」と呼ぶ。 1歳11か月ほやほや。 まさか、こんなに急におしゃべりが上手になるなんて思いもしなかった。 1歳8か月のとき、2か月早く生まれた子たちが「ドキンちゃん」とか「アンパンマン」とか流暢に長い単語…

「不安定」な時期にいる人、そんな人を支えたいと思う人へ / 森絵都『リズム』

自分が本当に好きなこと、やりたいことがわからない。 そんな「不安定」な思春期が、私にはあっただろうか― なぜだろう? 私は春になると突然、森絵都の作品が読みたくなります。 中学2年生のときに、『カラフル』を読んだことをふと思い出し、 そういえば他…

プライバシーポリシー

本ブログ『ゆーandみーwith104』は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazon.co.jpアソシエイト・プログラムの参加者です。 プライバシー規約そ…

東京に対する矛盾した気持ち

人がゴミのようだではなくて、ゴミが人のようだと揶揄したくなるような渋谷を歩くのは 何年ぶりだろうか。自分からは決して出向くことのない、 どこに行っても清潔感のないトイレのじめじめした臭いがするこの街は、雨だというのに渋滞している。車ではなく…

今、何かを捨てなければ、私は何も始められない。

ぐだぐだしながらやっと満開になった公園の桜は、2日間の雨に耐えつつもあっという間にみすぼらしくなってしまった。咲きたてほやほやの桜は強いのか、雨に臆せず淡いピンクをこんもりさせている。本当はあの木の下をくぐって、ほんのり甘酸っぱい花の香りを…

桜の咲き始め、永久の別れ

だでぃに会いたいというみーみーのために、 予定より1日早く帰宅したけれど、 東京から帰ってきてすぐ、 じいちゃんが死んだという連絡が入った。冬の寒さがいつまでも居すわって離れず、 東京にしては珍しく、4月なのに桜がほとんど咲いていない重苦しい日…

環境が変わると育児はどう変わるのか?東京滞在ふつかめ

環境のせいにするな、置かれた状況でうまくやっていかなければダメだ、というのは正論だと思う。しかし、環境を変えればうまくいくなら、変えればいいじゃないか。変えたっていいじゃないか。まあ、環境は変えることはできても、性格は変えられないから、ど…

激熱!無料の動物園

東京に帰省中。みーみーを歩かせて、 電車に乗って… 荷物が多くて大変だったけどギリギリお昼前に到着!場所見知り、人見知りするかなーと思ったけれど、 不思議なくらいいつも通り。いたずらもしないし、絵にかいたようないいこちゃん。実は私には、最近ニ…

「やってみた」を積み重ねる意義と日々のあれこれ

朝、目覚めたら、またパンデミックがやりたくて仕方がなくなっていた。 さて、どうやったら勝てるだろう?どうしても勝ちたいという気持ちが、 正直面白いと思えなかった 第一印象イマイチだったはずのゲームに 私を執着させる。としおに早く帰ってきてほし…

仮面夫婦は協力型ボードゲームで仲良くなれるのかやってみた

としおと私の数少ない共通の趣味、それは、ボードゲームやカードゲームのようなアナログゲームである。2年前、仮面になりかけの頃、毎晩のようにハイキュー!!のバボカを一緒にやったし、拡張もした。大晦日には旅行用の小さい人生ゲームを買ってきてやった。…

文芸批評には何の意味がある?

先日、灰谷健次郎の批評本を借りて読んでみました。黒古一夫『灰谷健次郎ーその「文学」と「優しさ」の陥穽』という本です。すべては読めませんでした。好きな作家を否定された、批判されたことに対する不快感はないのですが、批評するにしても、なんだか言…

亀井一成『チンパンジー神ちゃんの日記』

灰谷健次郎の『天の瞳』で引用されていた本を図書館で借りて読みました。チンパンジー神ちゃんの日記 (ポプラノンフィクション7)作者: 亀井一成出版社/メーカー: ポプラ社発売日: 1983メディア: 単行本この商品を含むブログを見る主人公倫太郎が通う『なんで…

奇数が与える不安に打ち勝てない私の話

予想通り、1日寝たらすっかり良くなった私。 昨日は弱々しく、アンパンマンで散々甘やかし、 さすがの娘も空気を読んでいい子にしていたのですが、 本日、病み上がりとは思えない鬼ババと化した私。積み木が1ピース足りない‼私、この、ひとつだけ足りないっ…

イヤイヤ疲れ、力がでない

悪寒と頭痛と吐き気と下痢に腹痛と微熱。 おまけに身体の節々も痛い。大したことではないのだけれど、プラス子育てというプレッシャーが動悸を起こす。これが1番辛い。近くに双方の両親もいないし、車もないというのはこんなときに堪える。としおが半休を取…

質素な暮らしと贅沢な暮らし、どちらが子どものためになるのか考えてみた

ひとり目が覚めたら、躊躇わず起きてしまおう。 目映いオレンジの光が、リビングに溢れている。朝食の準備をする前に、自分のためだけに時間を使おう。最近、私の欲しいものは、お金より時間なのだということに気がつきました。その気づきは、私をホッとさせ…

辻村深月『ツナグ』本当に死者と会いたいと思うか?

映画化もされたこの作品。 まだ映画は見たことがないのだけれど、辻村さんらしくないなぁというのが第1印象でした。藤子・F・不二雄先生が大好きな辻村さんの作品は、Sukoshi FushigiなSF作品が多いけれど、死者に会うという物語は、あまりにベタすぎるので…

わが家の連休の過ごし方。

こんばんは☆母ブロガーKoriです。昨日、みーみーがバスに乗りたいと言ったので、ふたりでお出かけしました。大きな公園で、自由に遊ぼうかと思ったのですが、バス中でまさかの昼寝!直抱きで下車。 とりあえず荷物を置いて抱き直そうと思い、近くの小さな喫…

『冷静と情熱のあいだ』は赤から読むのが正解だった

今日は、辻仁成の青を読みました。青の方が、ちょっと先の未来まで描いているので、赤で悶々としてから青を読むと、読後感が良いです。気持ちを掻き乱されたくなければ、落ち着いた気持ちで読みたければ、まぁ青からでも悪くはないのでしょうが…種明かしをし…

『冷静と情熱のあいだ』を読んで想う過去の恋愛

江國香織『冷静と情熱のあいだ rosso』を読んでいる私を見て、『え?なぜ今更?すごく古くない?』と言ったとしお。でも、私は映画を1度も見たことがないので、まぁ古いし今更なのはわかっているのだけれど、いつもの如く図書館から借りてきて読んだのです。…

Mar. 18th 2017

We went to see our new house today because we had a meeting. The floors had already made so we could enter the inside. Though the stairs had not made yet, we used ladders and went up. I am very looking forward living there.

挑戦することを躊躇うたった1つの理由は逃げ?

あんこはあまり好きではないのに、なぜか急に食べたくなって、桜あんぱんというものを買いました。葉っぱの塩漬けと桜色のあんこ。季節を感じさせてくれる食べ物って、なんだかホッとする。お正月に、豆を煮て、市販のものより甘さ控えめのあんこを作ったと…

1歳10ヶ月 初めて預り保育を利用してみた

こんばんは☆母ブロガーKoriです。今日は初めて預り保育を利用しました。 お昼ごはん挟んでの3時間。さてどうだったかと言いますと…本当に初めて? おじいちゃん、おばあちゃんに預けることはある?じじばばに預けたことはありますが、遠方のため、本当に困っ…

Mar. 16th 2017

I was too stressful for my daughter today. I got mad again. It is too difficult for me to change my personality and grow up as a mature person. I miss Tokyo and go back there with her for a while. I will make a plan seriously.

Mar. 15th 2017

am I tired? Why cannot I forgive my daughter? I got mad several times today. She cried. I do not know why I am so stressful? because of life style? the room we sleep is too small and I cannot fall asleep. Oh, that is...

宮部みゆき『ステップファザー・ステップ』4つのポイントと私の家族観

こんばんは☆今日は雨で図書館に行けなかったので、読む本がありません。 久々にラブライブ!をやってしまうと止められない止まらないなぜ? 母ブロガーKoriです。 昨日は、宮部みゆきの『ステップファザー・ステップ』を読みました。 宮部みゆき作品って、実…

Mar.14th 2017

Today is White day, but it is not my business. I did not give a chocolate to my husband. He was given one by his collegue. He bought two boxes for her. My daughter and I went swimming. It was rainning, so I did not take lunch box today bec…

家族がテーマの小説をひたすら読んでみる

こんばんは☆母ブロガーKoriです。最近、ブログ滞っていますが、毎年3月は読書月間なのです。毎年、特にテーマを決めているわけではないのですが、今年の3月は『家族』がテーマの小説をひたすら読んでみる、というのをやっています。いわゆる「普通」の家族か…

Mar. 13th 2017

I was exhausted when we came back home yesterday. So I do not remember when I fell asleep. I was sleeping when the alarm at 7amrang. I got angry too much today. I could not stand my daughters attitude. I want to sigh...

天の瞳、知りたかった10のこと

こんばんは☆母ブロガーKoriです。 今日は、としおの実家にお泊まり。 ホテルのように快適で、おしゃべりが楽しい1日。 みーみーもじいじやおばあちゃんになついて、昼寝なしの夜更かし。 頼もしい限りです。私は眠気と闘いつつ、『天の瞳』の余韻に浸り、考…

Mar. 11th 2017

Six years passed since the earthquake had happened. I was at home and about to go outside to send a letter. I felt it was an emergwncy happening. The earthquake was much bigger than I had known. However, I did not think it would be such a …

灰谷健次郎『天の瞳 最終話』に対する私の思い

灰谷健次郎の『天の瞳』は未完である。彼が亡くなった後に見つかった原稿を本にしたのがこちら。天の瞳 最終話 (角川文庫)作者: 灰谷健次郎出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)発売日: 2009/07/25メディア: 文庫 クリック: 8回この商品を…

灰谷健次郎の『天の瞳』を読んで思うこと

こんばんは☆母ブロガーKoriです。 灰谷健次郎の『天の瞳』は母として、大人としての私のバイブル。 でも、胸がいっぱいになりすぎて、考えがまとまらないというか、本音と理想のギャップを埋めるのが難しいなぁと思うのです。純粋に、高揚している気持ちを書…

Mar.10th 2017

I got angry to my daughter so much. I scold her when she makes the same mistake again and again, or she does not stop doing what I do not want her to do. However, I love her so much and I think she is very cute. I always hug her tight.

Mar.9th 2017

My daughter asked me to let her go to the hospital because she had a pain on her finger. So we go to see a doctor and got a medicine. She was still afraid of getting into a bath tab. However, she finally did it. She was given a lot of chee…

春の訪れを感じながら誇りに思うこと

梅の花が咲きました。 金色の陽射しに、緑が射し込みます。 つくしが土から顔を出しました。小さな自然の変化に感動する毎日。私は誇りに思う。ベビーカーに乗りながらも、 いつも通る道すがら、猫の寝床をチェックする娘。 いないなぁ。 いたぁ!気に留めた…