ゆー and みー with104

20代専業主婦の育児、生活、漫画と本の話。嬉しいことも苦しいことも笑いに変えて前向きに生きたい人へ。

今週のお題「好きなアイス」その1 ピノその2 ハーゲンダッツのチョコレートブラウニー アイスはチョコレートが好きだけど、今まで食べたアイスで1番好きだったのは、ローマで食べたピスタチオのジェラート。 あとはスイカとかメロンの器に入ったシャーベッ…

懐かしい明日を求める気持ち

引っ越し早々、としおが初の海外出張。 それに合わせて、私は1年ぶりに帰省しようと思う。夏に帰るのは何年ぶりだろう?留学の直前が最後だったのでは?と思うので、8年ぶり。 夏休みなのに、普段より早起きしてラジオ体操に行かねばならなかった小学生時代…

僕が僕であるために。

1週間フレンズ。の続編見たさから律儀に集めている単行本。今回も桐生くんは登場しないのだけれど、それでも、ほんの数ページの続編は面白くて、何度も繰り返し読む。ネタバレを探しても全然見つからず、発売日から2日経ってようやく手元に届いたこちら。 …

辻村深月『水底フェスタ』

何が本当の悪で、何が善なのか、正しい正義感を持った人間は誰なのか、そして、それを決めるのは誰なのか。折り返し地点辺りで身震いした。村社会の影、こんな話って、実際にあるのだろうか。登場人物ひとりひとりが怖いのだ。人当たり良い人間も、子どもも…

辻村深月『オーダーメイド殺人クラブ』

日常を取り戻すために必要だったこと。私にとって、それは、辻村深月の作品を読むことだった。 今回読んだのはこちら。 オーダーメイド殺人クラブ (集英社文庫)作者: 辻村深月出版社/メーカー: 集英社発売日: 2015/05/20メディア: 文庫この商品を含むブログ …

日常のない日々

引っ越し3日目。これからの生活がどんなものになっていくのか、まったく想像できない。時間の感覚がまったくなくて、いつの間にか夜がきて、朝が来る。ほっと一息つけるのは夜。 昼はなんだか落ち着かない。引っ越しって、どこにも行っても最初はそんなもの…

まだごみ屋敷、いつかは都

引っ越し完了。まともな環境が整うまでに、一体何日かかるのか… 持つべきものは旦那の両親。本当にありがたくて、あと10日くらい同居したい気持ち。なやみどころは近所の飼い猫とごみの分別。 ごみがいつまで経ってもなくなる気がしないのと、食洗機を使いこ…

無責任に生きる

200円くらいにしかならないと思っていた冷蔵庫が5000円で売れた。買ったときは30000円。2年間使った。 処分していたら5000円くらい払わなければならなかったのに。としおの執念に感謝。 引き出物のグラスは、売りに行く時間がもったいないので結局箱に詰めた…

出会い尽くす

雲と月の距離が遠い。 煙のように速く、わたがしよりも薄いちぎれ雲を見上げながら歩く深夜の街。こんな時間にひとりで出歩くのは学生の時以来だ。 可愛く見えたら襲われちゃうかもしれないから、と言ってあえてダサい格好で家を出てきたものの、外の鏡で自…

空白を埋めるために

アメリカ留学で寮生活を1年弱体験したら、独りで暮らし、暗い部屋に自分で電気をつけて入るのが苦手になった。お風呂とトイレ以外はひとりでいる時間はほとんどないと言っても過言ではないほど、ずっと誰かと一緒にいた。帰国後、妹と3人暮らしを始めた私だ…

今、助けてくれる人、必要な言葉

私は何もかもさらけ出している人間に見えるに違いないが、本当に不安に思っていることは口に出せないらしい。それを言葉にすることによって、聞いてくれた人がそれをもっと深刻にとらえてしまったら、私は絶望してしまうから。大丈夫だよーなんでそんなこと…

暑さのなかで。

暑い。唇を噛むとしょっぱくて、こんなとき私は水よりも甘いアイスを食べたくなる。娘を預けて接骨院へ向かう途中、スーパーなどないものだから、いつもは躊躇して買わないコンビニアイスを買って食べてしまった。午前中はそんな感じで終わってしまいそうだ…

要らない服をリュースに出す

後にも先にもひとりっこ。年下のいとこができる予定もまだないみーみー。引っ越しを機に断捨離したくてリュースに服を出してみた。やっぱり長袖、冬物は余っていたけれど、水着と帽子は開始30分で売り切れ。捨てるのも爽快だけど、誰かが喜んで使ってくれる…

雨に打たれたい気持ち

暑くて眩しくて、でも風がすこぶる強くて、日陰は涼しい1日だった。靴を片方落としたことに気がつきながら、娘と荷物の重みに耐えきれず諦めて帰宅してから2時間後、もう風に飛ばされて遠くにいってしまったと思っていたのに、石段にそっと置いてあった。 バ…

夏、終わらないで。

今週のお題「私の『夏うた』」 ラブライブ!をやっていて思い出しました。 この夏うた。 『夏、終わらないで。』 Cutie Panther アーティスト: 西木野真姫(Pile),矢澤にこ(徳井青空)~ BiBi~絢瀬絵里(南條愛乃) 出版社/メーカー: ランティス 発売日: 2013/07/…

星に誓う

昨日、やっと新居の引き渡しが終わりました。 ここまで悔いのない出来になるとは思わず、大満足。外では「抱っこ」が口ぐせの娘が、上から下へ、下から上へ走り回って大喜び。ブラインドのいろ、壁のいろ、自分のセンスに自画自賛な私。もうエアコンなしの蒸…

「好き」の温かさと現実

初めてこの絵本を知ったとき、まずはこのタイトルに惹かれた。 どんなにきみがすきだかあててごらん (児童図書館・絵本の部屋)作者: サムマクブラットニィ,アニタジェラーム,Sam McBratney,Anita Jeram,小川仁央出版社/メーカー: 評論社発売日: 1995/10/01メ…

夏が来れば思い出す歌

今週のお題「私の『夏うた』」 夏が来れば思い出す~♪のフレーズを口ずさむと、窓から涼しい風が吹いてくる気持ちの良い夏を感じる。網戸を通して入ってくる風の下でゴロゴロしながら麦茶の入ったコップのしずくをチラッと見る。 夏の歌って、暑さを彷彿させ…

4時間の預り保育の間にできること。イヤイヤ期預り保育のすすめ

母子ともに、それぞれ全く別の意味で楽しみにしていた預り保育。私は、引っ越し準備という名目で、でも実際にはリフレッシュの方が割合が大きいです。預け先が家から徒歩20分ほど。少々遠いので、4時間のうち1/4弱は移動時間。でも、残りの時間で色々できる…

『進撃の巨人』忘れられない名言※ネタバレあり

自分の力を信じても…信頼に足る仲間の選択を信じても… …結果は誰にも分らなかった… だから…まぁせいぜい…悔いが残らない方を自分で選べ リヴァイ 結果を知った後で選択するのは誰でもできる 後で「こうすべきだった」って言うことは簡単だ でも…! 選択する…

電車のなかで半日過ごす子育て。

電車に乗る。娘とふたり。片道約40分。 イヤイヤ期の2歳児とのふたりきりの遠出。大変そうだなぁと思います?幸い、うちはそうでもないのです。 泣いたりわめいたりせず、椅子に乗って窓の外を眺めたり、歌ったり、手遊びしたり、電車が与えてくれる景色と非…

問題の本質がわかってきた話

最近ウジウジ悩んでいることの本質が見えてきた。娘のこと、というより、自分自身のことだ。私は、娘の将来に関してはあまり心配していない。私、親以外の人間、お友達や先生などと出会い、そのなかで自ら学んでいければ、何が悪で何が善か気がつくだろうし…

教育の流行と廃れる伝承文化

藤井四段がモンテッソーリ教育を受けていたということが話題になっているらしい。というネタのブログが最近多いので自分も思うところを書いてみたい。 マスコミで1度話題にされて知名度が上がると、一気に流行する。 モンテッソーリ教育って何?受けさせた方…

夏のトイトレ落とし穴

トイトレは夏がベストだと俗に言う。洗濯物はよく乾くし、ノーパンで過ごさせても寒くないからだ。冬になると「夏のうちにもっとやっておけばよかったー」という2歳児の母達。その言葉を信じて、夏に向けてトイトレを進めてきた私。ところがどっこい。 トイ…

人生で6度目の引っ越しへの思い

約30年間の人生で、数えてみれば6度目の引っ越し。転勤族でもなく、転校生になった経験などない私。学生時代に2回、社会人になってから2回、10年間で5回の引っ越しをしていることになる。 引っ越しというのは、「今」をリセットするための手段のひとつだ。死…

自分に課した3つの問いに答える

昨日書いた記事。 yu-andmi-104.hatenablog.com 私は自分に3つの問いを課した。 問1あなたは育児を誰のためにやっているのですか? 自分のため?子どものため? 問2本来育児とは誰のためにやるべきものですか? 自分のため?子どものため? 問3問1と問2を踏…

純ジャパの2歳児の口から出た初めての英文とは?

おはようと言えばGood morning、おやすみと言えばGood nightと言う我が娘みーみーが、昨日、突然言い出した一言。 I am a perfect baby. 家のなかでは良しとしよう。 でも、外ではやめてくれ。雨のなか、傘を差し、息を切らしながら I am a perfect baby. と…

子どもは親の成績表、子育ては常にテスト

今週のお題「テスト」 子どもは親の成績表、私自身は、私の両親の成績表であって、私の娘は私の成績表だと思っている。子育ては常にテストだ。子どもが悪いことをしたとき、どのようなアプローチをするか、親の力量を子どもは見ている。 「ああ、あなたは怒…

テストの思い出

今週のお題「テスト」 お勉強しかできなかった私。テストの目標はいつだって学年1位だった。とはいえ、1番大切なのは早寝早起きと健康。 徹夜タイプのガリ勉ではなかった。「どうしてそんなに頭がいいの?」とか 「どんな勉強してるの?」とか色々聞かれたけ…

今日見た夢の話とひとつの決意

ああ、そうか。ここにいたのか。 雑念をすべて捨てて、頭のなかを空っぽにして、眠りの最も深い部分のその先にたどり着ければ、一番会いたい人に会える。 この前ここに来たのはいつだっただろう。もう覚えていないくらいずっと前だ。 夢だとわかっていて、夢…

心も体も弱ったときに買った背中ブラと首ウォーマーの使い心地

首がコリコリで、イライラの6割くらいはここからきているということを自覚している私。久しぶりに、こちらの背中ブラを使用してみた。 背中ブラ ダイエット (レタスクラブムック)作者: 福辻鋭記出版社/メーカー: 角川マガジンズ発売日: 2013/04/12メディア: …

弱音を全部吐き出して眠る。

引っ越しの準備と再就職のための研修の課題とラブライブ!のイベント…普段は、やるべきことがいっぱいあるときほど、不思議と疲れを忘れて生活できるのに、今回はすっかりやられている。 気がつけばもうすぐ7月。梅雨なのに雨が全然降らないせいか、6月を早…

おもちゃをすべて取り上げられた娘がどんな1日を送るのか観察してみた

昨夜、食器棚のスプーンを勝手に取り出し床に投げた娘は、としおに怒られ、すべてのおもちゃを隠されてしまった。(捨てたことになっている。)弁護の余地はなかったし、ものがなくなって爽快だったので、今日1日は反省の日として、おもちゃは出さず。テレビも…

正直手を抜いたのに、思いのほか喜ばれた遊び3選(2歳児)

どんなに疲れていても、眠くても、「一緒に遊んで」と言われたら放置できない。 大事なのは、上手に手を抜くこと。 私のとっておき、3選です♪ その1 トンネル作ってみた。 両手両足を地面について、アーチをつくるだけ。 疲れた、ねむーいという本音を見え…

結末を知っているアニメを見る意義

『進撃の巨人』season2をまとめ見している。単行本派の私は、当然ずっと前からそのストーリーを知っているので、アニメオリジナルシーンや時系列の変更等が多少ある他は、特に目新しさもなく、暇つぶしの最終手段かな?くらいにしか思っていなかった。ところ…

優しく、強く生きたい。天使の声を聴いてみる。

その人が生きているだけで、幸せな誰かがいる。その人が生きているという事実に、支えられている誰かがいる。 「その人」は、時に1度も会ったことのない人であり、自分が一方的に知っているだけで、その人自身は私のことなど全く知らないという場合もある。 …

ピーターパンにはなれそうにないという話

今週のお題「もしも魔法が使えたら」魔法のタブーと言えば、生死に拘わること、他人の気持ちを操ること。それ以外ならOK?でも、箒で空を飛びたいと思ったことも特にないし、誰か別の人間になりたいと思ったこともない。魔法って、何のために、誰のためにな…

私は残り2割の女性らしいけど、自分の方がまともだと思う件

先日、夕方のニュースを見ていたら、「女性の8割が公衆トイレで紙を三角折りして出るらしいけど、これはノロウイルスの感染につながるからやめてほしい」という内容の特集をやっていた。私が?と思ったのは、最初の方。 女性の8割も三角折りしてるの?なぜ?…

「大切なものは目に見えない」、「見えぬけれどもあるんだよ」を子どもに教えられた話

『星の王子さま』の名言と言えば、キツネが出てくる場面の「大切なものは目に見えない」だけれども、私は「ヒツジの絵を描いて!」の場面が面白かったと思う。ヒツジの絵は、何度描いてもケチをつけられたのに、自棄になって箱の絵を描いて渡すと喜ばれたと…

家庭内別居したくて家を建てた話

「家を建てるってことは、一生一緒にいてもいいって思ったってことでしょ?」 仮面夫婦であることをカミングアウトしたときに訊かれたこと。 まあ普通ならそう思いますよね。 でも、私は違った。 夫婦の寝室は別。 夜遅くに帰って来られて、お風呂に入られて…

『進撃の巨人』に見る記憶継承の意味

ネタバレ大好きな私。ネタバレ探しで夜更かしすることもしばしば。単行本派の私ですが、『進撃の巨人』は最新話まで網羅しています。 進撃の巨人(22) (講談社コミックス)作者: 諫山創出版社/メーカー: 講談社発売日: 2017/04/07メディア: コミックこの商品を…

2歳児を魅了するエルサ・ベスコフの世界

愛読書はノンタンとアンパンマンのみーみー。まだ長いお話は無理だと思って、私だけが楽しむために図書館で借りてきたエルサ・ベスコフの絵本が、意外なことに超お気に入りになってしまいました。1冊目はこちら。おひさまのたまご作者: エルサ・ベスコフ,Els…

抱っこのしすぎで疲労骨折していた話

右足が痛くて、時折足を引きずるようになったのがいつからだったのか、もう覚えていない。妊娠中に大きな荷物を持って長距離移動したことがきっかけで痛めてから、度々同じようなところが痛くなり、接骨院に通って治る、再発を繰り返してきたのだけれど、イ…

嫌われてからもう1度好きになってもらうにはどうしたらいいか悩んでいる件

ああ、そうか、これは不眠症だ。眠れていないからイライラして、怒りっぽくなる。眠るための時間はあって、横になっているのに眠れない。いつからだろう?何日くらい続いているだろう。3人で四畳半は無理がある。実家に帰りたいのに帰れない。カントリー・ロ…

大人になるってどんなことなのか、結構真剣に悩んでいる話

他の誰かの幸せが、自分の我慢や妥協のおかげで成り立っているとしよう。あなたは、その人の幸せを喜ぶことができますか?自分は嫌な思いをしたけれど、そのおかげで他の人が嬉しい思いをしている。ああこれで良かったんだ。そう思うことができますか? これ…

親族だけの結婚式のメリットと友人を呼ぶ際の注意点

結婚式を挙げてから、今日で3年。みーみーは、木村カエラのButterflyを歌いながら散歩していました。Butterflyアーティスト: 木村カエラ出版社/メーカー: Nippon Columbia Co., Ltd.発売日: 2013/08/14メディア: MP3 ダウンロードこの商品を含むブログを見る…

子どもは親の背中を見て育つを実感した話

急いでいるときに限って、自分の足で歩きたがる。抱っこやベビーカーに頼らない意思を見せてくれたのがあまりに久々だったので、本当は思う存分に歩かせたかったのだけれど、今日はプール。月謝も払っているし、今月でやめるから休んだらもったいないという…

救いようのない人を救うにはどうしたらいいか/辻村深月『朝が来る』

誰がどんなに心配して手をかけてやっても救いようのない人っているよね。誰かが心配してくれて、助けようとしてくれるならば大丈夫。自分の人柄が良く思われている証拠だし、助かる見込みもある。辻村深月の『朝が来る』を読んでいるとき、私は産後うつがひ…

グリーンスリーブスの思い出

遊びたくて仕方がなくて、ごはんの時間に座っていられない子どもは多い。今年保育園に入ったみーみーのお友達のひとりもそんな感じだった。ところが、その子が入った保育園に、地域の人間として行ってみると、なんと!その子がきちんと座って静かに讃美歌を…

子どもの「やりたい」を引き出せた瞬間

歩きたくない、抱っこ。家から出て約3分で、いつもこんな感じ。 これが3週間続きました。歩くの大好き 抱っことベビーカーは嫌いだった娘が、どうしようもなく甘えん坊になってしまったことが、私にはすごくショックで、5月は精神的にやられていました。自分…