panda life

白も黒もどちらも私。20代専業主婦の育児、生活、漫画と本の話。

本、漫画、アニメ

おうちに「パン工場」を作りたい!

アンパンマンを作ってみたい。 私の密かな夢。 自家製の天然酵母とあんこで、ふっくらほっぺとお鼻が付いているアンパンマンを、 自宅のオーブンで焼きたい。 天然酵母の液は、先週から良くできているのだけれど、種おこしがうまくいかない。 ピザ生地のよう…

ドキンちゃんの生き方について思うことを述べてみる

ドキンちゃん役の声優、鶴ひろみさんの訃報をさっき聞いて、非常にショックを受けながらこのブログを書いている。今、娘は隣でアンパンマンを見ているのだけれど、アンパンマン、ばいきんまんと同じだけ当たり前だったドキンちゃんの声、30年近く聞き慣れた…

クリスマス商戦に乗せられる前に、贈り物の意味を考える

以前、右脳教育のレッスンについて書きましたが、今日も同じものを受けてきました。 yu-andmi-104.hatenablog.com 慣れるとすんなりできるようになるみたいで、今日はパパっと正しいカードを選んでいきました。 でも、牛から牛乳が出るということはやっぱり…

本を通して出会った忘れられない言葉と向き合う日

今日は家族3人で教会に行きました。 教会に韓国の方々がいらっしゃっていて、キムチづくりやチマチョゴリの試着など、いろんな体験をさせていただきました。 聖書の御言葉で好きなものがあったら、色紙にハングルで書いてあげるよ、という素敵なことをやって…

他人にかき回されたら、人生の楽しみ方がわかった話

昨日は散々な目にあった。なんか娘のおもちゃも2つくらいなくなって、どこにいったんだろう?まぁそのうちポロっと出てくるかなーくらいに思ってあえて探さないスタンスをとる。いやーでもねーと釈然としない気持ちを隠しきれないのだけれど、イライラしてい…

何度も何度も同じことで怒らせる子どもが大好きになる「繰り返し」絵本

眠いとき、お腹が空いたとき、そんな生理的欲求が満たされないと育児は辛くなります。 では、なぜ生理的欲求が満たされないのかと言いますと、 昼寝をしてくれなくなったからです。 クールダウンできる時間が1~2時間あると、イライラなんて吹き飛ぶのに、そ…

寂しくなった時に読みたい料理系漫画

「まだ若いし、これから何人も産めるでしょ?」 「もう少ししたら、2人目もできるかもしれないし」 など、あちらこちらに言われるけれど、 わが家は頑なに一人っ子政策を貫くつもりだ。 私がマリア様にでもならない限り、2人目は生まれない。 というわけで、…

人生やり直せるなら、どんなふうにやり直す?

人生やり直しの物語が一時期流行って、なんだか定番になってしまったような気がする。記憶の古い順にたどっていくと、 カラフル作者: 森絵都出版社/メーカー: 理論社発売日: 1998/07メディア: 単行本購入: 4人 クリック: 530回この商品を含むブログ (162件) …

『世界一不幸な美少女』が、実は誰よりも人として素晴らしい少女だったことを思い出した話

もう15、6年前の話だけれど、『おジャ魔女どれみ』ってなかなか良い作品だったなぁと思う。小学3年から6年生の終わりまでの女の子達を描いた4期に渡る長寿アニメ。魔法界を舞台にしたシリアスな部分もありつつ、学校を舞台に、クラスメイトとの問題を解決す…

憧れの女性キャラをまとめてみた

私にとって初めて憧れたアニメのキャラクターは、『美少女戦士セーラームーン』の木野まこと(セーラージュピター)だった。 正直、セーラームーンより、裏番組(NHK教育テレビ)のチロリン村の方が好きだった私は、幼稚園の流行についていけずに苦労したの…

無自覚のリア充なんてあり得るのか?

自分のことを非リア充だと思っている人間が、実は満ち足りているなんてこと、あるのだろうか。端から見ればリア充に見えるけれど、実際は思い通りに物事が運ばず不満や悩みも多い人間はたくさんいる思うけれど、幸せかどうか決めるのは自分自身、その自分が…

魔法先生ネギま!』の好きなシーンをまとめてみる。

『魔法先生ネギま!』の好きなシーンをまとめてみる。 第1位 『闇の魔法』修行中、巻物をナイフで刺してやめさせようと決心する千雨闇か光か、悩んだネギが闇を選んだ原因の一部は自分にあると思っている千雨。後押ししたからには、最後まで信じて待つのが…

麻帆良学園3年A組 私の好きなキャラクターランキング

完全なる自己満足、暇つぶし記事です。 1位 長谷川千雨 眼鏡外した顔と華奢な体型が私好み♪ 魔法先生ネギま! 麻帆良学園中等部2-A 「8月:長谷川千雨」 愛されるということはこーゆーことよ アーティスト: 長谷川千雨(志村由美),ちう(志村由美),志村由美,大…

光ではなく、闇を選ぶ選択をすることについて

睡眠時間を削って読んでいる『ネギま!』、ついにヒロイン代理でちうっちが活躍するあたりに突入しました。 魔法先生ネギま!(21) (週刊少年マガジンコミックス) 作者: 赤松健 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2012/09/28 メディア: Kindle版 この商品…

あり得ない世界にどっぷり浸かる秋の夜長

漫画の感想を真面目に書くというのは変かもしれないけれど、 あり得ない世界を想像して、表現してしまうってすごいことだと思う。 『ちびまる子ちゃん』のように、庶民の日常生活を描いている作品にも、究極の個性を持つクラスメイトがたくさんいて、例えば…

片づけたら偶然出てきた『魔法先生ネギま!』を読み返したら再度ハマってしまった話

私の旦那としおは、しばしば同一の単行本を買ってきては私を怒らせる。 なぜ買う前に確認しない?そもそも、買ったかどうか忘れるところが理解できないのだけれど、『魔法先生ネギま!』は、12巻が2冊あった。 その1冊を、売るつもりなのか捨てるつもりなの…

架空の場所に行く想像をしてみる

今週のお題「行ってみたい場所」 死ぬまでに行きたい場所と言えば、北海道の地球岬だけれど、せっかくだから、絶対に行けない場所に行けることを想像して書いてみようと思う。 1.ウィリーウォンカのチョコレート工場 チャーリーとチョコレート工場 [DVD] 出…

PVが前月より500UPした話と、もう一度見たい懐かしのドラマ

9月のPV、2100くらいでした。 前月が1600くらいだったので、だいたい500UP。その要因は、『過保護のカホコ』の感想を書いていたこと。最終話の感想を書いて寝た翌朝、すでに100を超えるPVがあり、その日の終わりには380くらいになっていました。大した感想じ…

デッドマン・ワンダーランドに秋の夜長を費やしてみた

旦那に勧められる漫画は、いつも気持ち悪い系ばかりだ。自分では絶対に選ばないような、人が不条理に、無慈悲に死んでいくストーリー。今回、暇つぶしを兼ねて読破したのはこちら。 デッドマン・ワンダーランド(1) (角川コミックス・エース)作者: 片岡人生,…

3月のライオン13巻 感想

3月のライオン最新刊、ちゃんと発売日にゲットできました。 3月のライオン 13 (ヤングアニマルコミックス)作者: 羽海野チカ出版社/メーカー: 白泉社発売日: 2017/09/29メディア: コミックこの商品を含むブログ (5件) を見る なぜか旦那が特装版を買ってた!…

今カラオケで歌いたい曲

実は1度も歌ったことがないこちら。虹のかけら(TVアニメ『一週間フレンズ。』オープニングテーマ)アーティスト: 昆夏美出版社/メーカー: 東宝発売日: 2014/05/21メディア: CDこの商品を含むブログ (6件) を見る 今1番口ずさみたい。ハナミズキアーティスト:…

聖☆おにいさん14巻 / 地獄を見たときの話

忘れた頃にやってくる発売日。 昨日、偶然、『三月のライオン』の新刊が明後日発売だと知って、あ、そう言えば『聖☆おにいさん』はまだなのかな?と調べたら、5日前に出ていたんですね。 今日、TSUTAYAの開店時間に合わせて買いに行きました。 聖☆おにいさん…

秋の夜長、おすすめの三部作

今週のお題「読書の秋」 秋の夜長、毎日心が震えるような1日の終わりを過ごしたいと思ったら、とっておきの三部作があります。有名過ぎるド定番ですが、こちら! まずは、『子どもたちは夜と遊ぶ』 子どもたちは夜と遊ぶ (上) (講談社文庫)作者: 辻村深月出…

時代の変化?ツッコミたくなる名作絵本

最近娘が読書家で、ポスト芦田愛菜ちゃんになってもらった方が良いかしら?と本気で考え始めた親バカです。 毎日の読み聞かせで、自分が20年以上前に出会った本と再会する毎日。20年どころか、私が生まれる前からずっとあって、今でも本屋に並んでいる名作の…

過保護のカホコ最終回感想

期待していたより、ずっと笑えて面白かった。前回までは、なぜ結婚?と納得できなかったし、結婚や恋愛成就に流れていく結末は安易で嫌いだったのだけれど、この最終回は、そういう安直さを感じさせず、喜劇としてやってしまったところに感心。 糸ちゃんの変…

超おすすめ☆心がときめいた物語

『魔女の宅急便』で有名な角野栄子さんの作品、『ナーダという名の少女』がすごくよかった! ナーダという名の少女 (角川文庫) 作者: 角野栄子 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店 発売日: 2016/07/23 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る 舞台はブ…

母と娘の生活が気づいたらリア充になっている件

今週は動いた1週間だ。新しく出会い、言葉を交わした人の数はどれくらいだろう?自分たちの足で歩いた先には、温かく、幸せな出会いが多くて、優しさを分けてもらえたことに深く感謝している。 今日は図書館のイベントで、布絵本講習会というものに参加した…

忙しい時の短編集と仕事の話

やらなければならないことが積んでしまったときでも、本は読みたい。 そんな時には、普段は敬遠している短編集を手に取る。 今回はこちら。 世にも奇妙な君物語 作者: 朝井リョウ 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2015/11/19 メディア: 単行本 この商品を含…

雨の日の外遊び

天気予報は曇り。 それが絶対に当たると信じて疑わなかった私は、カッパだけ持って、娘と電車に乗った。2駅先は別世界。雨がじとじと降っていた。傘をささなくてもどうにかなるというレベルではない。でも、向かった。もりのようちえん。雨が降ったからやめ…

私の頭の中の落書き

なんか、急に多忙になってしまった気分。To doリストを作って、やるべきことをメモして…メモしてる暇があったらさっさとやれ。やらないと、終わらないんじゃない?と自分の頭の中で何人もの人間がつぶやき合っている。 やるべきこと、やらなければいけないこ…