panda life

白も黒もどちらも私。20代専業主婦の育児、生活、漫画と本の話。

出産前より出産後に買った方が良かったもの

妊娠中、用意するものリストを見ながら色々買い物すると思いますが、もし、出産後、自分の代わりに買い物してくれる人がいるなら、病院に相談しながら選んで購入した方が良いものもいくつかあります。 1. 乳頭保護器母乳で育てたい、でも痛くなったら嫌だな…

結婚式の帰り道

なかなか会えない友人たちと再会できるきっかけとなるのが結婚式。逆を言えば、結婚式がなければほとんど再会できないまま時が過ぎていく。 呼んでもらって、こちらがお祝いする側だというのに逆に楽しませてもらってありがたいなぁと感謝の気持ちでいっぱい…

魔法先生ネギま!』の好きなシーンをまとめてみる。

『魔法先生ネギま!』の好きなシーンをまとめてみる。 第1位 『闇の魔法』修行中、巻物をナイフで刺してやめさせようと決心する千雨闇か光か、悩んだネギが闇を選んだ原因の一部は自分にあると思っている千雨。後押ししたからには、最後まで信じて待つのが…

かつての休日、今の休日、理想の休日

今週のお題「休日の過ごし方」 「休みの日何してるの?」 短いOL時代、1番された質問であり、1番した質問でもある。 社交辞令的な、当たり障りのない質問としても便利だけれど、休みの日をどのように過ごしているかわかれば、その人がどんな人なのかよくわ…

小児科、かかりつけ医どう選ぶ?

引っ越してきて、大変なことのひとつ、かかりつけ医選び。 ネットの口コミと家からの距離を吟味して、とりあえず行ってみるというスタンスを取っていますが、このネットの口コミが、どうもあてにならない。 以前住んでいたところでは、ママ友同士の情報交換…

人恋しい気持ち

1日中布団のなかにいる。夜も何度起こされたかわからないくらいだから、私もあまり寝ていないはずで、一緒に寝ていても良いのだけれど、そんなにずっとは寝ていられないよというくらい布団のなかだ。娘がこんなに体調を崩すのは初めてかもしれない。自分から…

子どもが風邪をひいたときの過ごし方

風邪をひくと、ひいた本人が1番苦しいのは百も承知なのに、看病する立場も辛いよと思ってしまう。 自分もうつるフラグはビンビンに立っているし、でも、近づかないで~なんて親として当然言えない。 傍にいて、トントンしてやり、なんとか寝かせるも鼻が詰ま…

うつされた風邪って、かってにひく風邪よりたち悪いよねって話

娘が熱を出し、今日も咳と鼻づまりで、数分おきに呼び出されるのは、私も精神的に参る。 先週の月曜日、なんだか怪しい咳をする子どもが目の前にいて、やだなぁうつるなぁこれ、と内心思っていたのだけれど、やっぱりうつってしまった。 風邪なんてお互い様…

麻帆良学園3年A組 私の好きなキャラクターランキング

完全なる自己満足、暇つぶし記事です。 1位 長谷川千雨 眼鏡外した顔と華奢な体型が私好み♪ 魔法先生ネギま! 麻帆良学園中等部2-A 「8月:長谷川千雨」 愛されるということはこーゆーことよ アーティスト: 長谷川千雨(志村由美),ちう(志村由美),志村由美,大…

光ではなく、闇を選ぶ選択をすることについて

睡眠時間を削って読んでいる『ネギま!』、ついにヒロイン代理でちうっちが活躍するあたりに突入しました。 魔法先生ネギま!(21) (週刊少年マガジンコミックス) 作者: 赤松健 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2012/09/28 メディア: Kindle版 この商品…

幼稚園の運動会に行ってみた~園庭が狭い、もしくはない幼稚園の実態を見て思ったこと

今日は、プレに行っている幼稚園の運動会に参加してきました。 未就園児で、恐らく今後もこの園への入園はないと確信している上での参加でしたが、4種目も出させてもらって、お菓子にメダルにお弁当まで!たくさんの参加賞をもらって、大喜びの娘でした。 そ…

自分を癒すために必要なものは何か考えてみた

今週のお題「私の癒やし」 1.飲み物 ひとりで飲むコーヒーと、旦那が淹れてくれるコーヒー 平日は自分で淹れる眠気覚ましのコーヒー、1日2杯。朝と昼。 休日は、旦那がこだわりの方法で淹れてくれるコーヒーを1日2杯。 全く同じ豆なのに、後者の方が圧倒的…

あり得ない世界にどっぷり浸かる秋の夜長

漫画の感想を真面目に書くというのは変かもしれないけれど、 あり得ない世界を想像して、表現してしまうってすごいことだと思う。 『ちびまる子ちゃん』のように、庶民の日常生活を描いている作品にも、究極の個性を持つクラスメイトがたくさんいて、例えば…

子どもの許せない行動

今日は散々な1日だった。 まず、最近の娘の癖で、やめてと言っても直らないことが2つある。 ひとつは、鼻をほじって、鼻くそを提供してくること。 もうひとつは、私の昼寝を妨害すること。 鼻くそ攻撃で起こすこともある。 その2つに、今日私はキレた。 教会…

友達ができない件について、本気で悩んでいる話

最近の1番の悩みは「出会えない」こと。 約30年生きてきて、こんなに出会いの少ない時期は初めてだと思う。 全く人に会わないという意味ではなく、なんかこう…しっくりくる出会いが全くないのだ。 別に親友が欲しいとか、特別な関係を築きたいとか、そういう…

新米のお供は?

新米の季節。自分で買わなくても新米が届くシステムって素晴らしい。昔から当たり前のようにおいしい米を食べていたけれど、新米は格別。なんでこんなにキラキラしていて白いんでしょう?ラブライブ! ハイパージャンボ寝そべりぬいぐるみ 小泉花陽出版社/メ…

片づけたら偶然出てきた『魔法先生ネギま!』を読み返したら再度ハマってしまった話

私の旦那としおは、しばしば同一の単行本を買ってきては私を怒らせる。 なぜ買う前に確認しない?そもそも、買ったかどうか忘れるところが理解できないのだけれど、『魔法先生ネギま!』は、12巻が2冊あった。 その1冊を、売るつもりなのか捨てるつもりなの…

架空の場所に行く想像をしてみる

今週のお題「行ってみたい場所」 死ぬまでに行きたい場所と言えば、北海道の地球岬だけれど、せっかくだから、絶対に行けない場所に行けることを想像して書いてみようと思う。 1.ウィリーウォンカのチョコレート工場 チャーリーとチョコレート工場 [DVD] 出…

ちょっとヒドイ親子の会話と再会の話

唐突ですが、子どものおしりって触ると気持ちいいですよね。ついついぷにぷに触ってしまいます。そのときの一言。 娘「マミーはかわいいから触ってもいいよ♪」母「じゃあダディは?」娘「ダディはだめ。ダディ嫌い!」ダディ「!」 娘「ダディ屋さんごっこし…

肯定的にとらえることの大切さ

私はもともと、あんまりポジティブな物事の捉え方は苦手で、何でも肯定する、とにかく褒めるというやり方には慣れていない。 褒めることにも慣れていなかったけれど、褒められることにも慣れていないから、褒められるのって恥ずかしいし、やめてーと思ってし…

最初のひとりになるって勇気がいることなんだと学んだ話

今日は残念な出来事があった。この気持ちにどんな名前をつけたらよいのかわからない。今までに感じたことのない難しい気持ちだ。 気持ちを表現しようとするより、事実を淡々と語った方がわかりやすいはずだ。 先日、自宅英語教室の問い合わせが1件入り、無料…

子どもの主体というけれど、子どもって誰なんだろう?という疑問と自主保育を選ぶ母の背景

今日も暑くて良い天気。関東地方では珍しい、カラッとした暑さ。みんなで海までお散歩に行きました。冷たくて、でも冷たすぎず気持ちが良い海の水、つるつるの丸い石、さらさらの砂、新鮮で楽しかったみたい。自由参加なので、メンバーが毎回微妙に違って、…

ストライダーの旅

10月も半ばに入りかけているのに、なぜこんなに暑いのか。 空の色は秋。澄んだ青空を背景に、山もやっと、くっきり美しい緑のシルエットを見せるようになった。 虫の音も秋。夜だけ、りんりんと心地よい鳴き声が響く。 金木犀の香りが漂うトンネルをくぐると…

2歳5ヶ月、市立幼稚園の園庭開放に行ってみた

本日の名言 「ダディ会社に行ってほしくないけど、お金なくなっちゃうから仕方ないね。」 おっしゃる通り。でも、2歳児が言うセリフではない気がする。 「じいじとおばあちゃん、帰らない方が良かったねぇ。ずっと新しいおうち(われわれの家)に居ればいいの…

義母との雑談はこんな感じ

義母とふたりきりになることはそんなに多くはないけれど、ないわけではない。ふたりきりのときどんなことを話すか、特にネタはなくても、不思議なことに気まずくなることはない私達。大抵は、旦那の、義母にとっては息子の愚痴である。義母「としお(仮名)ゲ…

見守る育児って何?

「見守る」っていったい何だろう? 「見守ること」が美徳とされてきているけれど、「見守る」の意味をしっかりとらえて子どもを見守っている親がどれだけいるのだろう? 自主保育の活動を通して、最近地味に悩んでいるトピックである。 やってあげる育児から…

アカウントの断捨離をしてみた

プロバイダやSNSって相性がありますよね。 どれが良いのかよくわからないからとりあえずメジャーなやつ使ってみようとか、 自分で比較するの面倒だから勧められるがままに契約しちゃおうとか… でも、やっぱり、違うものの使い心地も気になる… そんな感じで、…

ライフスタイルの違いにショックを受けた話

ライフスタイルの違いが、しばしば夫婦喧嘩の原因になるのは、わが家に限ったことではないだろう。しかし、夫婦間の違い以上に軋轢を生みやすいのは、それぞれの家族に関することではないだろうか。本人同士でどうこうできる問題ではないだけに解決が難しい…

自分の器の小ささに気づかされる瞬間

他人に優しくできないとき、自分以外の誰かのために立ち上がる余裕がないときほど、自己嫌悪に陥ることはない。人に優しくできないこと、それは何よりも悲しいことで、拭うことのできない後悔になる。親になってから、そんな後悔の繰り返しだ。何度も何度も…

給食よりお弁当が好きだった

今週のお題「お弁当」幼稚園で、お弁当か給食かという観点も重要な視点である。母としては、毎日お弁当を作るのは大変なので、給食だと楽なのは間違いない。しかし、保育園と違って、一般的に、幼稚園の給食は、味も栄養面も劣る。大抵外部委託のもので、家…