ゆー and みー with104

20代専業主婦の育児、生活、漫画と本の話。嬉しいことも苦しいことも笑いに変えて前向きに生きたい人へ。

自己紹介

今週のお題「自己紹介」

はじめまして☆母ブロガーのKoriと申します。

1年7か月ほど別のブログを運営していましたが、今回はてなブログに移ってきました。

よろしくお願いいたします。

 さしあたって、簡単な自己紹介を。

 

Koriの経歴

現在28歳。

1歳8か月の娘みーみー(自称)と、夫としお(仮名)の3人暮らし。

 

2007年~2012年 大学に5年間通う。

興味分野を絞り切れなかったので、広く浅く学べる学部に入学。

従来の学校教育にとらわれない学びがあることを知り、シュタイナー、モンテッソーリをかじる。

特に幼児教育の多様性に興味を持っているが、子育てをするにあたって、親となる「大人」も学び続ける必要があると感じ、卒論のテーマは、「大人の学び」とした。

 

2009年~2010年 アメリカ、アイオワ州に留学。

人生最大の大恋愛をする。

ピアノが上手な年下の男の子に惚れる。両想いに。

その影響でピアノにのめり込み、ピアノ漬けの毎日に。

人生最大の大失恋も経験。

 

2012年 新卒で就職した会社(人事部)を10か月で辞める。

お金さえもらえればいいや、3年くらい働いたら辞めようと思っていたけれど、

あまりに暇な職場で、気持ちは3か月しか持たなかった。

いわゆるニートになってしまったけれど、今でも辞めてよかったと思っている。

 

2013年 結婚、専業主婦になる。

ニート時代と何も変わらない生活を送っていたのだけれど、「専業主婦」という肩書きがついて、正直ラッキーと思った。

「毎日が日曜日」と揶揄されながら静養の1年を送った。

 

2014年 結婚式、ハネムーン、妊娠…怒涛の1年。

つわりに苦しみ(入院)、ひきこもりがちに。

おかげで産後は膝やら腰の痛みがなかなか治らなかった。

 

2015年~2016年 第1子出産、「子育て専業主婦」になり、ブログを始める。

脱ひきこもり。

超積極的な地域参加で、恐らく区内でもトップクラスの育児に関する情報通。

縁もゆかりもない土地で

 

2017年 1番の目標は、自分の力で収入を得ること。脱専業主婦☆ 

 

趣味

 

歌うこと

カラオケでは9割アニソン。1割懐メロ。

 アニメ好きの女友達か、紅一点か、夫と2人か、そんなメンバーでないと楽しく歌えない。
踊ること

もってけ!セーラーふくハルヒダンス、ようかい体操、ラブライブ!、うた☆プリetc...すべてyoutubeで覚える。

クラシックバレエとタップダンスを習いたい。

 この2つの趣味は、自分自身が生きてさえいればいつでもどこでも楽しめるから、これからもずっと大切にしたいと思っている。

 

 

読書

読む本の8割は小説。残りの2割は自己啓発本か教育関連の本。

一番好きな本は、ジェリー・スピネッリの『スターガール』

洋書では、赤毛のアン大草原の小さな家シリーズ、ミヒャエル・エンデニコラス・スパークスセシリア・アハーンが好き。

好きな日本人作家は、辻村深月有川浩宗田理

 

映画鑑賞 ただし洋画に限る

好きな映画ベスト3は、『ジョーブラックをよろしく』『きみに読む物語』『ローマの休日

 

小説、漫画、アニメ、ジャンルは問わず、ストーリーのあるものが好き。

例え、それが架空の話であって、娯楽のためだけに創られたものだとしても、心は大きく揺さぶられるし、人の気持ちや生き方を考えるきっかけを与えてくれるから、できるだけたくさんの物語に出会いたい。

 

何と言ってもアメリカが一番好き。特にシカゴ。

アイオワ州シダーラピッズ、サウスダコタ州マウントラシュモア、ラスベガス、グランドキャニオン、モニュメントバレー、ロサンゼルス、ワシントンD.C.ペンシルバニア州、など。

カナダのプリンスエドワード島、イタリア、クロアチアの主要都市への渡航経験あり。

 
アート活動

夫の似顔絵が得意。

美術館、個展巡りが好き。どちらかというと見る専門。

不器用だけど、染め物とか人形作りとかやってみたいことはいろいろ。

 
語学

留学経験はありつつも、実は英語が苦手。

旅行が楽しめる程度のイタリア語ができる。

 
文章を書くこと

 育児日記など、割と毎日何らかの文章を書いている。

上手いかどうかは別だけれど。

 

 

外見

実年齢-5歳。

1歳の娘と姉妹に間違えられたことがある。

10年くらい前の石原さとみに似ていると言われたことがあるというと、みんな納得してくれる。

昔はお手製のイカちゃん帽子(紙製)をかぶって自撮りするような痛いこともしたけれど、もうできない。

年齢と体型が近いから、多部未華子の服装を参考にすれば失敗しないんじゃないかと思い込んでいるけれど、普段着はスウェットパンツにパーカー。

 

 

性格

好奇心旺盛で多趣味。

飽きっぽいわけではなく、どれも長続きしている。

悪く言えば、欲深くて、あれもこれもやりたいというタイプ。

フットワークが軽く、行動範囲と顔は広い。

ちやほやされることが苦手。

おひとり様も平気。

 

 

私にとってブログとは?

 

ありのままの自分でいられる居場所

 

ブログを始めたのは、娘が生後1か月のとき。

抱っこしている間は寝ているくせに、置くと泣いてしまうという赤ちゃんあるあるに悩まされていたとき、眠っている娘を片手に抱きながらできることは何だろうと考え、行き着いたのがブログ。

片手に娘、もう一つの手にスマホを持って育児日記を書く。辛いと思っていた黄昏時が、いつの間にか楽しみに変わっていきました。

なかなか外出できず、家族以外の人と関われない時期、私にとってブログは自分の気持ちや考えを整理し、発信する大事な居場所でした。

それは、地域にたくさんの知り合いができて、生活が楽しくなってからも変わっていません。

 

自分の夢を叶えるまでの軌跡

色々な人のブログを読んで、それぞれの個性的な生き方に出会うことがたまらなく好き。 

ブログは、何かに挑戦するためのきっかけになっていると思います。

自分のやりたいことを宣言する、諦めずに取り組む、という良い流れをつくって、面白い記事にしたいです。

 

 出会ったことのない誰かの役に立ちたいという思い

怒りすぎてしまった、自分の感情がコントロールできない、頼れる人が近くにいなくてどうすればよいかわからない…1年前は、産後うつの症状もひどく、よく泣きました。

そんなとき、私を助けてくれたのは、区役所の保健師さんと助産師さんでした。付き合いの長い家族や知り合いではなく、親にならなければ決して出会うことのなかったであろう方々が、親身に相談にのって支えてくれたのです。

その体験が、自分のことしか考えられなかった私に、「誰かの役に立ちたい」という気持ちを与えてくれました。

 

 私と同じように育児で悩む人たちに、自分がどのように様々なハードルを乗り越えてきたのか伝えたい。

 きれいごとや正論ではなくて、より現実的な素人の生活を発信することで、肩の力を抜いて生きていける人を増やしたい。

 必ずしも「あ、この方法真似してみようかな!」「参考になるなぁ」という反応を得られなくてもよい。

「この人より私のほうがしっかりしている、自信を持とう!」という感想を持ってもらっても構わない。

 

私のブログを見つけて、記事を読んだ人が、少しでも元気に、笑顔になりますように、そんな気持ちで、育児に限らず、好きなことについて、素直に綴っていきたいです。