ゆー and みー with104

20代専業主婦の育児、生活、漫画と本の話。嬉しいことも苦しいことも笑いに変えて前向きに生きたい人へ。

合格最低ラインさえ突破できればいい人へ☆英検準1級、1次試験結果発表後のドタバタ2次対策を教えます!

こんにちは☆母ブロガーKoriです。

私は、育児しながら育自できるのか?/英検準1級に挑戦する 

というミッションに取り組み続けていました。

 詳しくはこちら↓

http://blog.hatena.ne.jp/kori-mimyhaha/yu-andmi-104.hatenablog.com/edit?entry=10328749687213076091

1次試験はなんとか合格。

今日の午前中に英検準1級の2次試験を終え、もう合格した気分でワクワクしています。

 

私、1次の結果が出るまで、もう落ちたと思い込んでいたので、

すっかり気が抜けて、2次試験対策、まったくやっていませんでした( 一一)

 

「え?合格なの?!どうしよう何も対策やってないんだけどー」

「ん?でも、8割くらいは合格?じゃあ大丈夫かな??」

 

そんなゆるゆるな気持ちで、過去問をやってみたのが、2週間前の日曜日。

あれ?もしかして、私、できない?

 

焦りました。

ナレーションはあっという間に終わりすぎてしまうし、質問2~4は意見が言えない。

私は、「あれ?英語でなんて言うんだっけ?」ではなく、「え?日本語でも何も言えなそうなんだけど?」というタイプ。

これは困った。

 

とはいえ、もうすっかり気が抜けてしまって、ブログが書きたくてたまらない私。

その誘惑に勝つことができず、1日1時間、問題集1冊だけで対策しました。

 

まずは過去問を開いてみる

私が使用した問題集は、『2016年度 文部科学省後援 英検準1級過去6回全問題集』(旺文社、2016)です。

その中に6年分の面接問題(A、B)つまり、12回分練習材料があるわけです。

それを3回やろうと思ったのですが、2週間しかなかったため、2回ずつやりました。

1.出題形式を知ろう

4コマが描いてあるカードを渡されます。

最初に2分間でその4コマの流れを説明

その後、カードに関する質問が1題

社会的な問題に対する自分の意見を求められる質問が3題出題

 

1分間準備時間を与えられるので、カードの説明をよく読み、

4コマの内容を説明する文章を頭で組み立てます。

 

2.苦手な人向け☆4コマの説明ポイント

最初の1回は自分で2分間計って、自力でやってみましょう。

自分の実力、どれだけできないか知っておくのは大切です。

 

あぁできなかった…と思ったら、模範解答をチェック

今度は、2分間計りながら、その模範解答を音読してみます

何分で読み終えましたか?

私は、1分20秒程度で読み終えてしまいます。

つまり、模範解答も、1分30秒以内に読み終えることが可能な分量なのです。

 

だから、

合格ギリギリラインでもいいやと思うなら

文章の量は模範解答より少なめでもOK

ゆっくり、若干詰まりながらでも最後まで説明できる

ということを念頭に置いて勉強しましょう。

 

2分は短いと思うから焦って頭が真っ白になるのです。

2分って意外と長い、そう思って、まずは落ち着きましょう。

 

2.模範解答のココに注目!

まず、自力でやってみたときに、「あーここなんて言えばいいのかわからない」

と思った部分は要チェック

模範解答ではどのように表現しているのか、これはしっかりメモしましょう。

 

次に、2分間計りながら、再度自力で説明してみます。

最初より格段に良くなっているはずです。

この後、もう1度模範解答を読んで比べてみます

 

でも、模範解答って、すごく細かいところまで描写しているんですよね。

合格最低ラインを取れればいいと考えるならば、細かいところは無視!

時間以内に最後まで説明し終えること、必要最低限プラスαくらいの文を使い、自分が自信を持って話せるように対策することが大事

模範解答は参考程度に自分が使いたいと思った表現だけを確実にモノにしましょう

 

3.よく出る表現

1コマ目

・売り上げが年々下がっている。

She was concernted to see that the sales was decreasing for the past few years.

不安そうな顔をしている女性または男性…be concerned が使える

年々…for the past few years, every year など

 

2コマ目 

・他の従業員と対策を話し合う。

・アイディアが2つ出た。ひとつ目は…もうひとつは…こっちを選んだよ。

She was talking with her employees about the idea to...

There were two ideas, one was .... the other was... they took ...

 

これらを使いこなせるようになれば何とかなるかなぁと思います。

ちなみにすべて過去形で話すように気をつけましょう。

 

質問No.2~4の対策は?

1.やっぱり最初は自力で解いてみる。

私はこっちの方が不安でした。

でもやっぱり、最初の1回は、自分でやってみる。

それで、どれだけ自分ができないのかをいったん思い知りましょう。

 

2.模範解答を読み、YES/NOどちらの意見が言いやすいか考える

質問は全部、YES/NOで答え、その理由を述べる問題となっている。

模範解答を見て、どちらの答えがより自分の言葉で説明しやすいか考えてみましょう。

和文英訳がおすすめです。

英作文に取り組むつもりで、自分の使いやすい単語を用いて文を作ってみましょう。

 

その後、何も見ずに再度問題に取り組んでみましょう。

3回くらいやれば、自信を持って応えられるようになってきます。

 

3.よくある質問

・最近の若者は昔の若者に比べてどう?

簡単に仕事をやめてしまう?飲み会は大事?結婚に対する考え方は?

など今と昔を比較させる質問が多いなぁと思うので、このあたりに関する自分の意見は押さえておくと安心です。

 

過去問やるだけでも十分対策はできる!

こんなに偉そうに記事を書いている私ですが、まだ合格通知は受け取っていません。

でも、大丈夫なんじゃないかなぁと珍しく前向きなのです。

 

2次試験まで残り2週間、というときに対策をスタートさせましたが、

1週間は風邪でダウン。頭が痛くて昨日も一昨日も寝込んで、ブログしかやっていませんでした。

 

だから実質、3日間くらいで出題傾向をつかみ、形式に慣れ、勝手がわかってきたなぁくらいの対策しかできませんでした。

おかげで、1次より緊張して、本番ギリギリまでトイレに行きたくて仕方がなかったです。

でも、それでも、たぶん大丈夫って思えるくらいの感触があるので、過去問を3回ずつやれば自身は持てると思います。

落とすための試験ではないはずなので、自信を持って堂々と挑むのが1番。

 

…私が落ちたときは笑ってください。謝ります。

結果は3月に報告させていただきますね。