読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆー and みー with104

20代専業主婦の育児、生活、漫画と本の話。嬉しいことも苦しいことも笑いに変えて前向きに生きたい人へ。

天の瞳、知りたかった10のこと

こんばんは☆母ブロガーKoriです。
今日は、としおの実家にお泊まり。
ホテルのように快適で、おしゃべりが楽しい1日。
みーみーもじいじやおばあちゃんになついて、昼寝なしの夜更かし。
頼もしい限りです。

私は眠気と闘いつつ、『天の瞳』の余韻に浸り、考え事をしていました。
灰谷さんが書けなかった続きについて。
この後、どうなったんだろう…

1. 1学年評議会は開くことができたのか

2. 親、教師、生徒、3者の集会は開けたのか、また、それは学校を、非行少年を変えたのか?

3. 非行グループと倫太郎たちは友達になれたのか?

4. シュウちゃんは、自分の学校を見つけて、入学できたのか?

5. 倫太郎たちは沖縄に遊びに行けたのか?

6. 倫太郎父の仕事、夫婦関係はどうなる?

7. それぞれの恋愛事情、特に、倫ちゃんとリエちゃん。花冠のシーンから、本当はもうちょっとこの辺も書きたかったんじゃないかなぁ?と思うともどかしい。

8. 生徒会、生徒会長をどう巻き込んでいくのか?

9. 教師も変わっていくと仮定して、倫太郎たちが2年、3年と進級していくにつれて学校はどう変わっていくのか?

10. それぞれの進路。高校受験、大学。倫ちゃん、ミツルは成績良いから、受験という成績史上主義にどう向き合うのかというところが気になる。


コナンやワンピースが完結しないのとは違って、謎が迷宮入りしているわけではないのだけれど、悔しい。

自分の知らないところで、他人の人生が動いている。
倫ちゃんたちの物語の続きが見えないのは、転校した友達のその後を知る由がないのと同じと思うようにする。
ないわけではない、見えないだけで、私の知らないところで、倫ちゃんたちは生きていて、行動して、出会った人達と何かを変えている。

寂しくて、苦しくて、私はしばらく、忘れられそうにない。
誰か、天の瞳トークに付き合ってくれる人いないかな…倫ちゃんたちを動かしたい。先を見たい、そう思う私は、邪道だろうか?