panda life

白も黒もどちらも私。20代専業主婦の育児、生活、漫画と本の話。

宮部みゆき『ステップファザー・ステップ』4つのポイントと私の家族観

こんばんは☆今日は雨で図書館に行けなかったので、読む本がありません。

久々にラブライブ!をやってしまうと止められない止まらないなぜ?

母ブロガーKoriです。

 

昨日は、宮部みゆきの『ステップファザー・ステップ』を読みました。

宮部みゆき作品って、実は人生2作目かな?

中2のときに『火車』を夢中になって読んだけれど、結末がすごく悔しくて…それ以来でした。

でも、宮部みゆきさん、私がモヤっとしたあの結末を書きたくて、『火車』を書いたんだそうですね。だから結末から先に書いたのだそう。

ステップファザー・ステップ』の巻末に書いてありました。

 

さて、本題。

ステップファザー・ステップ』のあらすじをざっくり。

ある泥棒が、新興住宅地のある家に侵入を試みた際、落雷に遭う。

目が覚めると、侵入するはずだった家の隣に住む、双子に拾われていた。

彼らの両親は、それぞれ駆け落ちしてしまい、もう1年近く家に帰っていない。

双子は2人暮らしを満喫していたが、泥棒に、「お父さん」になってほしいと頼む。

 

ステップファザー・ステップ (講談社文庫)

ステップファザー・ステップ (講談社文庫)

 

この手の話は別れがつきもので、最後は泣かされてしまうのかなぁ…なんて思いながら読んだのですが、最初から最後までコメディでした。

途中で何度噴出したことか…。

 

宮部みゆきさんって、やっぱりすごいなぁ。

文の歯切れ、テンポが良い。上手いなぁと感心しながら楽しめる作品でした。

 

1.共感したことば

 

子どもは親がいなくても育つが、親は子どもがいないと育たないんだよ。

 

これは、泥棒の雇い主、柳瀬の言葉。

この一言に、私は深くうなずきました。

 

日々の子育てで、私はこれを実感しています。

子どもは親がいなくても育つ

私の成長より、子どもの成長の方がはるかに早くて、あっという間に追い越されてしまうような気がする。

みーみーが生まれてから今まで、まめに記録をつけている私ですが、いったい何度このように書いたことか!

 

みーみーが他の子に比べて成長が早かったり、

お行儀よくできるところがあったりして褒められることもあるけれど、

私はそれを自分の手柄だと思ったことは1度もありません。

私が何か特別なことをしたのではなく、みーみー自身が努力し、できるようになったことなのです。

 

親がいなくても子は育つ。

「子育て」とは言うものの、勝手に成長してくれているなぁというのが私の感触です。

 

 

親は子どもがいないと育たない。

これも本当です。

子どもがいないと親になれないという理屈レベルではなく、

子どもが親に、成長の機会を与えてくれていると実感しています。

 

私は子どもができたことで、人とのつながりをたくさん作るスキルを身につけました。

地域のイベントに積極的に参加するようになりました。

他人の悪口を言う回数がかなり減りました。

それから、「待つ」ことの大切さを学びました。これはまだ、難しい。修行中ですが。

言葉が通じない、何度言ってもわかってくれない、気持ちを踏みにじる、そんな人間相手に、自分はどうあるべきか、そんな大きな課題を与えてくれるのも子どもです。

 

 2.実際両親に駆け落ちされたら子どもはどうなる?

A1.グレる

何か人生でうまくいかないことがあったら、親のせいにするかもしれませんね。

親が育ててくれなかったから自分は何もできないとか、親が自分を見捨てたから自分も子どもにそういうことをしてしまうかもしれないとか。

 

A2.平気

両親に干渉されなくてラッキー☆という子どももいるでしょう。

物語の双子はこのパターン。

見捨てられて悲しいということもなく、自分のことは自分でしっかりできるタイプは両親がどんな人間であれキチンと育つのではないかと思います。

 

3.泥棒が「お父さん」でいいのか?

実の両親<ステップファザー?

ここのところ、どう解釈すればいいのでしょう?

実の両親には特に帰ってきてほしいとは思っていない様子の双子。

でも、「お父さん」が顔を出してくれないと寂しいのです。

こういう部分をストレートに書かないところが良いですよね。

想像の幅が広がって面白い。

 

4.駆け落ちしちゃう親ってどうなの?

ダメでしょ。

私はやりません。

みーみーの母でいるうちは、どんなに駆け落ちしたい相手がいたとしてもやりません。

天秤にかけたら、みーみーの方が重い。

 

でも、

自分が子どもの立場だったら…

私は、自分の父か母が駆け落ちして家を出て行ってしまったらを想像すると、

別に良いかな?なんて思ってしまう部分もあります。

 

そりゃぁびっくりしますけど。

駆け落ちすることでより幸せになるのならそうなってくれと思うかもしれません。

不満たらたらで夫婦関係を持続されて、ギスギスした家族の中で過ごすより、潔く出て行ってくれちゃった方が子どもは幸せなこともあるんじゃないかな?

 

でも、残された子どもがどうなるのか、ちょっと考えてから行ってほしいですね。

とんでもないところに引き取られて、とんでもない子育てされたら困りますからね。

 

 

まぁ、家族のあり方も、難しく考えず、今を楽しむ生き方をしたって良いじゃない?

そう思いながら私も肩の力を抜いて生きようと思います。