ゆー and みー with104

20代専業主婦の育児、生活、漫画と本の話。嬉しいことも苦しいことも笑いに変えて前向きに生きたい人へ。

2歳になってからできるようになったこと

保育園のお誕生会に呼んでもらって、お祝いしていただいて以来、自分が2歳になったことを受け入れたわが娘。

保育園のお友達にお祝いしてもらったことが、本当に嬉しかったらしく、2週間経った今でも、「保育園のお友達にお祝いしてもらったねー」と毎日言っています。

 

さて、今日は、ご無沙汰だった、子育て記事です。

最近の様子を思いつくままに綴っていきたいと思います。

 

トイトレが進んだ!

親としては何よりも嬉しい成長です。

紙おむつをしていても、お外にいても、おしっこしたい!ときちんと知らせてくれて、トイレに行きます。

 

1日2~5回はトイレで用を足しています。

 

トイトレって、頑張るのは娘なのですが、実際には母の必修科目のようなものでもありますよね。付き合うのも大変。

 

おしっこ~と言ってトイレに駆け込むものの、出ないで終わったり…

それを数分の間に3度も繰り返されたときには正直うんざりしてしまいます。

 

紙おむつを履かせて外出しているとき、道路の真ん中で尿意を報告されたところで、トイレなんてどこにもなく、雑草の生い茂るワンコのおトイレもないから、「今は漏らしちゃって!」と声掛けするのですが、ここで乙女心が出てしまい、必死に我慢する娘。

 

漏らしたくない、という感情が芽生えたのも大きな成長。それに応えてあげられないときの罪悪感はハンパないです。

 

でも、なぜ?

紙パンツは濡れないのに、布パンツだとどうして平気で漏らすの?

これも3回目でついつい怒ってしまいました。怒ったら漏らさなくなりましたが…

 

不良ぶる楽しみを覚えてしまった。

私が言うのもどうかと思いますが、うちの子はいい子です。

お外では、きちんとマナーを守り、できるだけ汚さずに食べることを心がけることができるし、他人の物を勝手に触ったり、友達をいじめたりすることは決してありません。

ところが、友達のMちゃんと1度ごはんを食べたら、次の日から家で不良ぶるのです。

 

悪いとわかっていながら、机の上によじ登って立ち上がっている。

注意すると、

「Mちゃんの真似!悪い子なの!」

という。

 

なんてこった。

 

お願いだからこんな子と友達になって家に連れてくるようなことはしないでほしい。

 

マミーと仲良くなりたいの!

最近の口癖。か、かわいい…☆

でも、仲良くなりたいなら、Mちゃんの真似しないでよ!と私は言う。

 

みーみーはお外で言って良いこと悪いことをわきまえているので、告げ口はしないはず。

「マミーがMちゃんは悪い子だって言ってた!」

なんてことは絶対に言わないよね?

 

子どもに口を滑らせてしまう私はかなりいけない母親なのだけれど、溜めておけない性分で…

 

ありがたいのは、家事や勉強をさせてくれること。

今はお仕事の時間。今日はお勉強の日。説明すると、わがままを言わず受け入れてくれる聞き分けの良さ。やっぱり、問題児よりしっかり者の方が好きだ。

 

プールで習ったことの再現

童謡を聴きながら身体を動かすというアクティビティを家では人形に教えるようにしてやっています。歌も上手になりました。

 

 

 

怒ったり笑ったり泣いたり、気持ちが忙しい毎日。

時間のない世界に行きたいなぁなんてどうしようもないことを考えながら、

どうにか生きています。