ゆー and みー with104

20代専業主婦の育児、生活、漫画と本の話。嬉しいことも苦しいことも笑いに変えて前向きに生きたい人へ。

親族だけの結婚式のメリットと友人を呼ぶ際の注意点

結婚式を挙げてから、今日で3年。

みーみーは、木村カエラのButterflyを歌いながら散歩していました。

Butterfly

Butterfly


色々あって、私は結婚式にトラウマがある。

一生に一度であるべき結婚式、思い残した不満もあるけれど、主役はもうこりごり。

友人Cくらいを演じる方がずっと良いなあと思います。


さて、私は親族のみの結婚式をしたのですが、よく、「親族だけの結婚式って何するの?」と訊かれます。

今日はそのメリットとデメリットをご紹介♪


親族だけの結婚式って何するの?

内容は職場の上司や友人を呼ぶ場合と一緒ではないでしょうか。

教会式からの披露宴。

私は、少人数であること、余興など華やかな演出を行わず、お食事会という感じでやりました。

ウェルカムスピーチが新郎、乾杯が私の伯父、それぞれの父親の挨拶。
ケーキ入刀とファーストバイト
両親へ記念品プレゼント。三連時計をあげました。


メリットは?

1番のメリットは、新郎新婦も一緒に食事を楽しめること。

身内以外を呼ぶと、次から次へと写真…で一口も食べられませんが、身内だけの食事会にすると、一緒に写真撮ろうと寄って来る人もいないので、同じタイミングで食事ができます。

身内が寄ってこない分、自分達からそれぞれのテーブルに挨拶に行って一人ひとりとじっくり話せます。話したくなければ座っていても良い。司会者が気を遣ってくれるので気まずさもないのがありがたかったです。

また、親族というのは、基本ご祝儀の見返りを求めてこないので、料理のランクを落として経費を削減したければおすすめです。

友人を呼んで料理を最低ランクにするとバレます。高級食材の有無や、他の友人の結婚式との比較でわかってしまうので、ケチるとかなり印象が悪い。

その点親族は、新郎新婦をお祝いするためだけに来てくれているので安心。

でも、引き出物はしっかり出しました。1万円相当のカタログギフト、縁起物のかつおぶし、バウムクーヘン。カタログギフトの商品も、かつおぶしも好評でした。


デメリット

親族だから何でも許される。

新郎新婦側ではなく、ゲストの親族が気を遣わずに好き勝手迷惑をかけてくるところがデメリット。

友人だったら気を遣って言ってこないような注文をしてきます。


「喫煙室って言ったけど、やっぱり禁煙室に変えてー」

「貸衣装ってあるかな?」「あるってー」「やっぱりやめたー」


本人たちは、新郎新婦に電話1本すれば良いので簡単ですが、新郎新婦は、この後、謝りながらプランナーに連絡し、プランナーはホテルなりショップなりに連絡して、手配し直して…と陰でたくさんの人が振り回されることになるのです。

そういうのがストレスですね。



友人を呼ぶときに気をつけるべきこと

1番大事なのは、料理と引き出物。今どきはすぐに値段も調べられるので、きちんともてなしてくれたなぁと満足感を与える必要があると思います。

ご祝儀3万円を前提とするならば、料理1万5000円、引き出物5000円は返還すべきであって、そこまで出せなければご祝儀ではなく、会費制が良いでしょう。

親しい友人でも、正直ここでケチケチされてしまうと興ざめです。

ああ行かなきゃ良かった、がっかり、とモヤモヤさせられ、今後の付き合いも悩みますね。

私は自分の心の狭さに気づかされるような式には出たくないです。


余興は10分以内がいい。
話も短めに。

もちろん、ゲストはお祝いに来ているので、主役のふたりが楽しいのが大事ですが、温度差が生まれてしまったら残念でしょう。

飽きた、疲れた、眠いが出ない、簡潔でオーソドックスな流れがベスト。


ゲストの手に渡るもの、本当にそれで良いのか?という点については考えたほうが良いでしょう。

家に持って帰ったらそれらをどうするか?
家族がいたら、興味本位で回し読みすることもあるでしょうが、基本捨てますよね?


結婚式って、新郎新婦もゲストも、人間関係見直しの機会と言われるので、私は苦手です。

自分の式だって万人受けするものではないし、大雨の夜に遠方からたくさんの人に来てもらったことに関しては感謝以上に申し訳なくて、土下座したい気持ちになったし…

友人の結婚式が快晴で、ふたりの日頃の行いが良いからだとみんなが口々に言うと、私達はどれだけ行いが悪かったのだろうと思い出さずにはいられないし…

あれから3年。
今日は曇り。