panda life

白も黒もどちらも私。20代専業主婦の育児、生活、漫画と本の話。

嫌われてからもう1度好きになってもらうにはどうしたらいいか悩んでいる件

ああ、そうか、これは不眠症だ。

眠れていないからイライラして、怒りっぽくなる。

眠るための時間はあって、横になっているのに眠れない。

いつからだろう?何日くらい続いているだろう。

3人で四畳半は無理がある。

実家に帰りたいのに帰れない。

カントリー・ロード

カントリー・ロード

頭に流れるのはこの音楽だ。

みーみーは恋アクを歌い始めた。
教えてないのに!

とっても、とっても楽しそう♪


1度嫌いになった人をもう1度好きになるのは不可能だと、私はこの3年間で痛感してきた。

しかし、1度嫌われてしまったけれど、もう1度好きになってもらうにはどうしたらいいか、という逆の気持ちも考えたことは1度もなかった。

今、私は、どうしたらみーみーにもう1度好きになってもらえるか考えなければならないのに、それが死ぬほど難しくて苦しいのだ。

だって、最高に腹が立つ。他人ならこの人嫌いだなぁと思えばあっさり距離を置いて終わりなのに、親子の場合そうもいかない。

嫌われたくなければ、イライラをぐっとこらえて甘やかせばいい。好き勝手やらせればいい。これも他人に対してなら取れなくはない態度だけれど、毎日四六時中一緒に過ごす子ども相手ではそうもいかない。

つまり、神経を逆撫でされながらイライラに耐え、でも決して甘やかさず、嫌われないように諭すスキルが必要だ。

それって何?

そもそも、親子の絆というのは、ゲーム感覚で攻略しながら築いていくものでもなかろう。

恋愛で好きな人と両思いになるよりずっと難しい。

媚を売ったり、胡麻を擂ったりして好かれることには何の意味もなく、ありのままを愛されなければならないのだ。

だから、育児しながら育自に励まなければと思う。
でも、この「しなければ」が大きなプレッシャーにもなる。

つらい。こんなに途方に暮れたのは初めてだ。