ゆー and みー with104

20代専業主婦の育児、生活、漫画と本の話。嬉しいことも苦しいことも笑いに変えて前向きに生きたい人へ。

正直手を抜いたのに、思いのほか喜ばれた遊び3選(2歳児)

どんなに疲れていても、眠くても、「一緒に遊んで」と言われたら放置できない。

大事なのは、上手に手を抜くこと。

 

私のとっておき、3選です♪

 

 

その1 トンネル作ってみた。

 

両手両足を地面について、アーチをつくるだけ。

 

疲れた、ねむーいという本音を見え見え隠れ見え隠れさせて、あ~こうやって首を曲げると気持ちいいなぁと思いながらアーチになる。

 

すると、娘は、何度も何度もハイハイでくぐる。ときどき、トーマスをくぐらせてみたりもする。

 

 

その2 こちら、セルフレジとなっております。

 

お買い物ごっこ。

お客さんもお店屋さんもどっちもやりたいわがまま娘の対応が面倒だったときに思いついた一言。

「ほら、ここでピっして、こっちにお金を入れるんだよ。」

 

「ピッ」ちゃりん。

 

私は楽だし、娘はどっちもできて大喜びだし、ウィンウィンだねw

 

 

その3 カード払いで!

 

また、お買い物ごっこ。小道具の小銭のしまい場所がわからなかったとき、探すのが面倒だったから思いついた。

 

「カード払いでもいいですよ。」「お支払方法は1回でよろしいですか?」

 

こういうリアリティのあるシチュエーションがすごくウケる。

 

お客さん役の娘が、「カード払いでお願いしまーす!」とあまりにサラッというものだから、ダディびっくり。

 

ダ「やめてくれぃ!」「これじゃぁ将来が心配だ。」

 

そう言われたので、今は、クレジットカードではなく、「WAONで」と言わせている。

私は「わぁーん!」と音真似をするだけ。

 

 

今日、みーみーのダディは、彼女のおもちゃすべてを手の届かないところに隠しました。明日から、反省するまでは、おもちゃゼロの生活。

 

さて、どうなることやら。

 

親としては、散らかるものがなくなって、超気持ちいいのですが。