ゆー and みー with104

20代専業主婦の育児、生活、漫画と本の話。嬉しいことも苦しいことも笑いに変えて前向きに生きたい人へ。

暑さのなかで。

暑い。唇を噛むとしょっぱくて、こんなとき私は水よりも甘いアイスを食べたくなる。

娘を預けて接骨院へ向かう途中、スーパーなどないものだから、いつもは躊躇して買わないコンビニアイスを買って食べてしまった。

午前中はそんな感じで終わってしまいそうだ。

嫌な気持ちも名残惜しさも何も残さずにここを去りたい。

ここのパンもあそこの餃子もこれが食べ納め。

ここに遊びに来るのは今日で最後。

もう2度と会うことがない人もいるかもしれないという事実。

そんな悲しいことは思いたくないけれど、引っ越しの後、再会した人の数より会うことのなかった人の数の方が圧倒的に多いものだ。

ある日突然思い出して、「あぁ、あの人は今どこで何をしているのだろう?」と考えるのが、あまり頻繁にあっては困る。


今、ここに、安心と希望だけを持ってとどまっていられることが1番幸せなはず。


あのマンションの最上階から見える景色はどんなだろう。

青い空に流されるちぎれ雲を見ながら、緊張を振り切るために早く歩きたくて、信号の前で足踏みする私。