panda life

白も黒もどちらも私。20代専業主婦の育児、生活、漫画と本の話。

高3の夏、野球の思い出

今週のお題高校野球


高校3年の思い出の8割は野球だと言っても過言ではない。クラスメイトの名前さえ覚えていない私が、1度も口を聞いたことのない球児たちを応援していたのだ。

マー君佑ちゃんの勝負の夏。受験勉強そっちのけで夢中になった。頑張るのは当事者たち、どちらが勝っても私には何の関係もなかったはずなのに、緊張しながら、興奮しながら見ていた。両選手の両親や兄弟が、自分のことのように一生懸命応援し、涙を流しているのも見て、さらに心を打たれた。


私の高校は公立だったから、甲子園出場なんてまずあり得なかった。他県や他国から強い選手が集まってくる私立高校に敵う訳もない。しかし、高3の夏、私の高校の野球部は強かった。私は即席のチアもどきとなって、ポンポンを振りながら応援することになった。

学校中が野球に狂っていた。毎日のように、みんなでバスに乗り、球場へ向かう。授業もやらず、文化祭まで延期して。

私はテレビにも映ったし、新聞にも広報にも載ったし、ただ同じ高校の生徒というだけで、何度メディアに露出してしまったか。

試合は面白かった。勝った後だからこそ言えることだけど、接戦であればあるほど、緊張が喜びの叫びに変わる感覚が気持ち良かった。

負けたとき、本気で悔しかった。まぁ無理だよね、なんてひどいことを心のどこかで思っていたはずなのに、悔しくて悔しくて…もう野球場には来られないんだと思うと寂しかった。



私にとって、甲子園のバイブルは、タッチではなくH2。あんまり人が死なない話が良いんだよね。これも死ぬけど。
国見比呂も好きだけど、木根が好き。木根がピッチャーの回は神回だと思っている。
主人公以外も主役になれる、心を震わす野球に、もう一度夢中になる日は来るのか?