panda life

白も黒もどちらも私。20代専業主婦の育児、生活、漫画と本の話。

森のようちえん

森のようちえんという活動にときどき参加させてもらっている。

今日は畑のお手伝いをしてから海へ。娘も珍しく、よく歩いた。

この活動で面白いのは、子ども同士のやりとりが生まれていること。親達が草むしりをしている間、
子どもたちはどんぐり探しをしていた。取り合いをしたり、分け合ったり、意地悪したり、されたり、自由気ままにやりとりを楽しんでいる。自分の娘が、身内以外の誰かに話しかけ、応えてもらっている、対話が成立しているのを初めて見た。

公園やひろばで遊ばせるだけでは、このような状態はなかなか生まれない。親同士が気を遣い合ってしまい、「とっちゃだめでしょ」「貸してあげなさい」「ごめんね」をすべて言ってしまいがちだから。それを礼儀ととらえる人が大多数なのだから仕方がない。でも、子どもの力を信じて、ちょっと見守る姿勢も大事なのかなと最近学んだ。

海は大人も楽しい。丸くてつるつるした石が無数に落ちている。見ていて飽きない。砂の感触も気持ちが良いし、波の音には癒される。日本海より淡い青緑。空の青とは似ても似つかない。帰ってから洗濯が大変だということは忘れて、思いっきり楽しむ。日陰でお弁当を食べて解散。

今日は頑張って歩いたけれど、帰りは疲れて泣いてしまった。大きくなったら、家に帰るまでがようちえん、が通用しますように、と願う母です。