panda life

白も黒もどちらも私。20代専業主婦の育児、生活、漫画と本の話。

重曹で鍋の焦げを根こそぎ落とした

真っ黒焦げにしてしまった鍋。3日間かけて、やっと元通り使えるまできれいになった。


この劇的なビフォーアフターを見てほしい。




粉の重曹と水を入れて、

火をかけて、

水を蒸発させて、



パックス重曹F 2kg

パックス重曹F 2kg



乾燥させて、


重曹キューブを使って、根こそぎ落とすこと3回。



重曹キューブ ハード 30個入 2個組

重曹キューブ ハード 30個入 2個組



Before


f:id:kori-mimyhaha:20170917232209j:plainf:id:kori-mimyhaha:20170917232209j:plain



After


f:id:kori-mimyhaha:20170917232346j:plainf:id:kori-mimyhaha:20170917232346j:plain



気持ちが不安定なときほど、
こんなふうに無心でやれて、しかも成果が目に見える作業が良い。


もう捨てちゃおうかな…と思って3日間放置。

でも、「諦めたらそこで試合終了ですよ。」
という声が毎日聞こえる気がして、

それに、新しい鍋を買うお金ももったいなくて。

執念でここまできれいになりました。



人間、やる気になれば何でもできる。

鍋の焦げを落とす、たったそれだけのことだけれど、


どこまでやるか、どこをゴールにするか、

それを遠くに設定して、たどり着く執念があれば、

他のことだって、きっとできるはず。



小さなことでも、くだらないことでも、

後悔しないところまでやり尽くせば、

満足感が得られる。



今あるものを見切らず大切にする気持ちも、

後悔したくなければ、

持ち続けていた方がいい。


モノも人も同じ。

ダメだ、要らないと思って去るのは簡単だけれど、

本当にそれでいいの?

上手な付き合い方がきっとあるはず。



苦しくなったら、少し距離を置いて、ゆっくり休めばいい。
向き合えるようになるまで、じっと待つ。


自分自身のことだけれど、待って、待って、待ち続ける。

気が向いたら、案外簡単に事は解決するものだ。



鍋の焦げの教訓。